トレンド

長尾里佳容疑者の顔が話題!12歳男児と「強制性交等罪」も…ネット上では「長尾里佳可愛すぎる」の声が

「リアルおねショタ……もはやご褒美じゃないか!!」
そんな声も多いのが、12歳男児と性交渉を行い「強制性交等罪」で逮捕された長尾里佳容疑者。22歳パート女性で、ネットでは「長尾里佳ってどんな顔?」と興味津々の声が多かったですよね。
すでに多くのブログ等で明らかになってしまっているように、長尾里佳容疑者の顔に話題が集まっているんです。
「こんなギャルっぽい子と“できる”なんて、むしろ12歳男児にとってはご褒美?」といった声もありますが、強姦罪から変化した強制性交等罪の罪は意外に重く、今後も同案件の逮捕…

トレンド

小室圭氏 怒りの反論!小室圭の本当のこと・本音よりも、眞子様との結婚を祝うべきでは?

某・巨大掲示板では「金ねンだわ!」で、もはや中傷の域を越えて「ネタ化」されてしまっているのが、眞子様の婚約者として名を馳せた小室圭さん。
そもそも数々の週刊誌によって、小室圭さんのお母さんの「借金問題」にまで発展し、皇室は大慌て。
「婚約破棄?」とも噂になったものの、2019年1月22日に、小室圭さん自ら「金銭問題にトラブルはない」と表明したことが話題になっていますよね。
結論から言えば、いずれにせよ小室圭さんも眞子様も「結婚すべき」と温かく見守る人は多め。
実際、小室圭さんの学費なども合わせての“…

トレンド

セブンイレブン 成人誌(エロ本)の販売中止で女性歓喜!? 反面、おじいちゃん世代には悲しいお知らせ

セブンイレブンが成人誌の販売中止を決定したことが話題になっていますよね。
いわゆる“エロ本”の類は、昔の時代はコンビニになくてはならないもの(?)として男性から扱われていたものの、今やスマホがあれば成人誌はいらない時代。
特にフェミニスト団体女性からは「朗報」の声が飛び出し歓喜に包まれているものの、一番困るのがおじいちゃん世代。
その理由、ご存知ですか?
 
◆SNSでは「セブンイレブンの成人誌販売中止」で賛成の声多数

セブン―イレブン・ジャパンは成人向け雑誌の販売を8月末までに中止しま…

芸能

菅原小春 三浦春馬よりも惚れた「高畑裕太の魅力」って?二人の相性の良さも話題に

清々しいほどの“オープンぶり”で、あっけらかんとした性格で男性の懐に飛び込むのが上手だとも言われていた菅原小春さんといえば、ダンサーとして有名。あの米津玄師さんの代表曲『Lemon』でもダンサーとして活躍しているんです。
その菅原小春さんの元カレといえば、三浦春馬さん。ただ、菅原小春さんの破天荒ぶりに「距離を開けて破局した」という報道は多かったもの。
その菅原小春さんの“新恋人”として名を挙げたのが、当時、ホテル強姦事件で色々な悪い噂があがった、あの高畑裕太さん。
強姦事件は不起訴に終わったものの、…

トレンド

フォトショップで加工!? 盗撮に仕立て上げることができる「画像合成」がTwitterで話題に

今の御時世、盗撮被害が多いのはLomero記事『埼京線で集団盗撮が多い!女性の自己防衛対策は』でも取り上げたとおり。
ただ、同時に多いのが『盗撮冤罪に潜む「盗撮ビジネス」の闇と対処法』でも紹介した“盗撮えん罪被害”なんです。
今回はTwitter上で「盗撮された」「安心して電車に乗れない」とツイートした女性の画像が「フォトショップでの合成」であった可能性が指摘され炎上中。
実際、この画像はかなりの不自然さもあり、もし画像合成によっての“盗撮仕立て上げ”なら「虚偽告訴罪」に問われる可能性もありますよ。…

恋愛

結婚したらダメな男性の特徴!ギャンブル・酒・女好き以外には?

「結婚相手としてはおすすめしない男性」としての代表例といえば、以下の3つが挙げられますよね。

ギャンブル好きでお金にルーズ
お酒が好きで、お酒を飲むと人格が変わる
女性好きで、ノリが軽いから不倫の心配あり

この3つはまさに「結婚相手としてはダメな男性の特徴」代表例ですが、他にも“結婚にはおすすめできない男性の特徴”っていろいろあるんです。
 
◆メンタルが弱すぎる男性は「結婚後に苦労する」

「草食系男子」が当たり前になる時代、同じように増えているのが「メンタル弱々男子」なんです。…

芸能

文春の嘘?いなぷぅさレモンの虚言癖…?CNNにトップに出たNGT山口真帆の真実は

連日、メディアで大騒ぎになっているのは、Lomeroでもピックアップした「山口真帆さん暴行事件」。
NGT48といえばAKB48グループの一つで、新潟県により積極的に誘致されたアイドルグループにも関わらず、「アイドルハンター」と呼ばれる半グレ集団によって、新潟のイメージを悪くしたこと&女性蔑視により世界中のフェミニストの怒りを買っている現状。
そんな折に炎上しているのが、週刊誌の中でも知名度が最大と言われる『週刊文春』。
そもそも文春は、今回の“アイドルハンター”の元締めとも言われる「いなぷぅさレモ…

恋愛

シンママとの恋愛のコツ!シングルマザーは男性を「信用していない」ことが難しさにつながっている?

「好きになった女性が“シンママ”だった」というのは、このご時世、それほどめずらしくないこと。
若年層の女性ほど「旦那の浮気癖やDV」での離婚を決断する人が多く、自分と自分自身の子どもを守ることに精一杯だったりするんです。
特にDVなどを受けた女性は「もう恋愛なんていい……」と、男性不信に陥っている人も多め。
シングルマザーは基本的に、離婚を経験しているからこそ“男性を信用していない”ということも挙げられます。
では、その「信用していない」ことを払拭するためには、男性には何ができるかをご紹介します。

芸能

NGT48が崩壊へ…うな次郎などスポンサー離れとグループイメージ悪化で「新潟誘致企業」も審議へ

いわゆる県が求める「誘致企業」というのは、該当の都道府県にとって「助成金」などの恩恵を得ることが多いもの。
例えば、誘致企業として人材を多く雇用する……とされるのであれば、一人あたりに数十万円の助成金を受け取っている企業も多いんです。
それは「NGT48」にも関係していて、NGT48自体が、新潟県を盛り上げるために結成され、NGT48の母体であるAKSは国から助成金を受け取っているという構図はネット上でささやかれること。
また、そのNGT48は「新潟県にとって悲願・若年層を集める目的」としても知られ…

芸能

NGT真犯人・黒幕 荻野由佳 太野彩香 西潟茉莉奈 加藤美南特定に意味がない理由

『【NGT暴行】いなぷぅ=稲岡は太野彩香の関連性と「AKB系・過去の事件」との繋がりは』でも紹介したように、加害者グループの指示役の悪行はネット上で広がっているものの、AKSやNGTによれば「内部に犯行行為はない」と発表されましたよね。
ただ、山口真帆さん暴行事件の犯人と関わりがあった「NGT内の真犯人探し」は、5ちゃんねるを中心に加速していく一方。
特に、ネット上に多くの証拠を残してしまっている太野彩香さんは「活動休止」にまで追い込まれ、今後は「卒業」の可能性も指摘されていますが、ネット上では荻野…