時事

芸能

貴ノ岩の暴行は本当?加害者にならざるをえない相撲協会の罠

元・貴乃花親方が相撲協会から去ったと同時に、元・貴乃花親方の息子である花田優一さんの「芸能界での問題」が話題になり、同時進行で元・貴乃花親方の離婚問題がスクープされたのは記憶にあたらしいところでしょう。
その「元・貴乃花親方」といえば、モンゴル人同士の暴行問題で「告訴する」ということが話題になりましたよね。
その“被害者”だったのが、日馬富士関から暴行を受けた貴ノ岩。ただ、その告訴問題も、元・貴乃花親方の愛弟子「貴公俊が付き人に暴行」としたニュースが流れて、告訴の取り下げを行ったんです。
それに乗じ…

芸能

眞子さま 小室圭氏との婚約破棄ができない最大の理由

「もはや二人は終わった」
そんな意見も多いネット上の“対象”なのが、今や週刊誌を騒がせている小室圭さんと皇室内の眞子さまですよね。
秋篠宮さまが異例の「小室圭さん批判」を繰り広げたことで、婚約破棄も間近という声が多いものの、小室圭さんにとっても眞子さまにとっても、婚約破棄ができない理由がありそうなんです。
 
◆秋篠宮さま&紀子さまが小室圭氏に「激怒」した理由

【秋篠宮さま 婚約現状できない】https://t.co/Tonnjp87Fj
秋篠宮さまは誕生日を前にした記者会見で眞子さまと…

時事

「終活年賀状」がリアルすぎる!終活は若年化していく可能性も

11月も中旬になると「年賀状」の存在が頭をよぎる人は多いでしょう。
若い世代からすると“年賀状離れ”が起こっているものの、50代~60代以上には未だに根強い習慣にもなっている年賀状。
ただ最近では、60代以降を中心に「終活年賀状」が流行しているんです。
“老い先長くない”ということを伝えることもありますが、悲しいことに、この先「終活年賀状」が若年層にも流行しそうなんです。
 
◆終活年賀状がヤバイ!自らの寿命を考えて…

《皆様と交わして参りました年賀状ですが、誠に勝手ながら今年をもちまし…

恋愛

キス離れも?「キスミント」が販売終了してしまう3つの理由

人気ガム「キスミント」の販売終了が決定したことで、これまでキスミントを食べたことがある人からは“何で!?”といった声も。
キスミントが販売終了してしまう理由として「若者のガム離れ」が原因と言われているものの、背景には「恋愛離れ」と「タバコ離れ」、「スマホ」が最大の理由だったりするんです。
 
◆恋愛離れが最もな理由!? キスミント販売終了の理由「キス離れ」

キスミントの商品フレーズでもある「キス」。これはもともと、キスをイメージした商品名だという説も強いですよね。
キスミントという商品名…

時事

セクハラ店長!栃木のセブンイレブン足利芳町店がヤバイ

Twitterでバズり「めざましテレビ」でも放送されたのが栃木にあるセブンイレブンの“セクハラ店長”。
店は「セブンイレブン足利芳町店」と言われ、ネット上では昔のバイトの人が「店長に胸やお尻を触られてやめた」と話題。
フランチャイズ店だと予想されていて、ひどいセクハラ疑惑で閉店の可能性もありそうなんです。
 
◆セクハラ店長 アルバイトにもセクハラをしていた…セブンイレブンのイメージ最悪に

Twitterでも炎上気味なのが、栃木のセブンイレブン店長。
元・アルバイトの人も「セクハラされて…

芸能

吉澤ひとみ 酒癖の悪さがひき逃げに直結?交通刑務所の可能性は

すでに一部メディアが報じているのが、飲酒運転ひき逃げ容疑で逮捕された吉澤ひとみさんの“酒癖の悪さ”なんです。
不幸中の幸いか、吉澤ひとみさんがひき逃げしたとされる被害者は軽傷。Twitterで特定されるドタバタ劇はあったものの、示談は濃厚とされているんです。
ただし、吉澤ひとみさんの「飲酒運転ひき逃げ」の罪は重くなりそうで、最悪の場合は交通刑務所行きの可能性も指摘されている状態。
人の性格を変えてしまうという「お酒」ですが、吉澤ひとみさんも例外ではなかったようなんです。
 
◆明石家さんま…

芸能

吉澤ひとみ 飲酒ひき逃げで逮捕!罪もかなり重く…

「飲酒ひき逃げ」というのは、道交法違反では最も重い部類の事件。
そんな“あってはならない事件”が元・モーニング娘。から出てしまったんです。
ひき逃げ当時、飲酒だったというのが吉澤ひとみ容疑者。
ネット上のみならず、芸能界に激震が走る事件。罪はかなり重く、今後、吉澤ひとみさんがどのようになってしまうかにも注目が集まっているんです。
 
◆イベントも急きょ欠席!吉澤ひとみがイベントに出る前…

吉澤ひとみ容疑者…よっしー、なんでや… pic.twitter.com/kp…

時事

水商売女性も!アリバイ屋の実態がヤバい

今、アングラな部分で話題になっているのが「アリバイ屋」。
偽装した会社の証明書などを使用でき、源泉徴収票も偽ることが可能なんです。
水商売や風俗に務める女性の悩みの一つが「賃貸ですら家に住めない」ということですが、アリバイ屋が手助けをしていることもありますよ。
人によっては「借金」に利用することもある、危険な実情がヤバいんです。
 
◆アリバイ屋を使い「住居」を頼る水商売女性

仲介不動産屋で「住居」を探す水商売女性にとって、つらいのが「審査落ち」ということ。風俗勤務の女性もそうですが、社…

時事

デート援交やパパ活の実態がヤバい!やましいことはなくても…

おじさんの中には「10代の女性と“したい”」と思う、いわゆるロリータコンプレックスの人が多いもの。
その影響で、女子大生を中心とした「パパ活」が流行ったのが2017年頃からなんです。
ただ、パパ活とは違って、デート援交は「昼間」「会うのは10代女子(女子高校生がほとんど)」というのが実態。
昼間に大の大人と女子高生が一緒に歩いていても「条例違反」ではないと言われますが、テレビでも特集されたように、警察による介入が始まっていて、実際のデート援交の真実はヤバいものなんです。
 
◆パパ活やデー…

時事

嘘でもガセでも…!パチンコ換金禁止を望む人が多い理由

日本の“ガン”とも言われているのが、23兆円規模にのぼるパチンコ産業。
一部メディアから「菅官房長官により、パチンコが完全に換金禁止になる」という報道がされたものの、発表の内容はあくまで「ギャンブル性をなくす」というものだそう。
このパチンコですが、男性のみならず、女性も依存症が多かったりするんです。
風俗落ち・キャバ落ちしている女性にも「パチンコ依存症」の人は多く、実際に“換金禁止”を望む声が多い最たる理由が「依存症」なんです。
 
◆ガセだった?パチンコ換金禁止を望む人は多くても…