CATEGORY 時事

時事

延岡学園バスケ部 暴力で審判が搬送…蒸し返される日大アメフト

前代未聞の事故が起こってしまったのが、延岡学園のバスケ部。
審判の判定に不服を覚えたのか、延岡学園のバスケ部でコンゴ共和国からの留学生である部員が、審判に暴行し審判は搬送されてしまったんです。
暴力事件といえば、日大アメフト事件や栄監督のレスリングパワハラ問題で揺れ動いている今、延岡学園のバスケ部にとっては最悪のタイミングになっているんです。
 
◆フランシーかエルビスか…コンゴ共和国からの留学生二人が注目され
延岡学園のHPからするに、コンゴ共和国の留学生は二人。

フランシス選手に………

時事

ドンファン嫁 バイキングでも…!? お金目当ては否定せず

弁護士もつけ、現状の“今後”を見つめ直しているのが紀州のドンファンの嫁だった須藤早貴さん。
かなり正直な性格で、ドンファンとの結婚を「お金目当て」だと否定しなかったことも話題になりましたよね。
バイキングでは、紀州のドンファンこと野崎幸助さんが頻繁に死にたがってたことを公表したんです。
 
◆ドンファン嫁・須藤早貴が「犯人ではない」という声が生まれる理由

By:Twitter
ネット上で広がりつつある、ドンファン嫁・須藤早貴さんの犯人説。
ただ須藤早貴さんは以前、マスコミに対しても「私は…

時事

新幹線殺傷「自閉症が原因」という報道の謎…偏見報道の声も

「誰でも良かった」と語った“新幹線殺傷事件”の加害者。
報道では「自閉症で入院歴もある」とされているものの、この報道自体に「偏見報道」という声があるんです。
加害者は「精神状態の悪化」を弁護されそうなものの、「報道の仕方がおかしい」という意見もあるのが“自閉症がすべての原因”というようなニュアンスの内容ですよね。
SNSでも「自閉症の人間すべてが“そう”ではない」と怒りの声もあるんです。
 
◆「自閉症だから新幹線殺傷が起こった」というニュアンスの悪

無差別新幹線殺傷事件で注目されている…

時事

犯人は妻?須藤早貴のドンファン殺害説に潜む「ホスト・借金説」

ネット上のみならず、すでにテレビでも大騒ぎになってきているのが「紀州のドンファン」こと野崎幸助さんの死因。
「急性覚醒剤中毒」
日頃から健康には気を使い「なるべく多くの女性と交わりたい」と考えていたドンファンにしては、「覚醒剤中毒」というのはやや矛盾するもの。
目をつけられている妻の須藤早貴さんはAV出演疑惑・中国富裕層との関わり・ホスト遊びなども噂されますが、「なぜ“すぐに”ドンファンを覚醒剤中毒にしなければならなかったのか……?」という謎が渦巻いているんです。
中国富裕層との関わりもあり「お金稼…

時事

ドンファン嫁・須藤早貴のAV出演や中国事情で盛り上がるSNS

日大アメフト騒動の熱も冷めつつ、今ネット上で盛り上がってしまっているのが“紀州のドンファン”こと野崎幸助さんの不審死ですよね。
奥さんのSさんとは55歳差で、これまで美女にお金を貢ぎ続けてきたドンファンからすれば特別なことではないもの。
ただ、体内に大量に含まれた覚醒剤は「混入説」も強く、今注目されているのが家政婦の女性と、妻になったばかりのSさんなんです。
AV出演も含め、中国での活動も気になる人は多いのでは?
また、本当にドンファン妻のSさんが、ネットで騒がれている「須藤早貴」さんなのかも気にな…

時事

障害年金 打ち切り者が増加する理由!? 不正受給の闇と穴

20歳前障害者の基礎年金打ち切りが広まったことが話題になっています。
そもそも障害年金には2種類あり、今回打ち切りが増える予定の「障害基礎年金」、そして20歳以後、企業に属して厚生年金を払っていた層の「障害厚生年金」に分かれるんです。
今回、政府が打ち切りを明確にしているのが「障害基礎年金」。20歳前にすでに障碍者であった人が対象で、年金の支払いがなくても障碍者であったことから「障害年金」受給が可能な仕組み。
実はこの「障害基礎年金」の中でも20歳前の受給者に“打ち切り”が増えているのが「所得」によ…

芸能

木口亜矢の夫も?車内で自分を慰めてしまう人がヤバイ

「いったい、車で何をしていたの?」
木口亜矢さんの夫であり、元プロ野球選手でもある堤裕貴さんが起こしてしまった「公然わいせつ罪」。
自身の車内で「下半身を露出していた」という事件ですが、公にはなっていないものの「堤裕貴さんが一人で下半身を触っていた」という線が濃厚なようなんです。
一人、車内に閉じこもり女性が行き交うスーパーの前で“慰めていた”と言われがちな木口亜矢さんの夫・堤裕貴さんですが、こういった少し変わった趣向の男性って周囲にも普通にいるものですよ。
 
◆木口亜矢の夫・堤裕貴と木…

時事

日大の司会者が炎上!緊急会見で火に油を注ぐ…

「危機管理学部」を創設しながらも、アメフト問題での“緊急会見”で何の進展もなかったこと以上に話題になっていることが「日大司会者の炎上具合」なんです。
『炎上阻止!日大アメフト記者会見で分かる「正しい謝罪」の内容』とは真逆に、むしろ火に油を注ぐ状態になった今回の「日大緊急会見」。
ネットでは大炎上し、「最低の記者会見」との意見がネット上に多いですよね。
 
◆現役選手も激怒!「嘘で塗り固められた記者会見」
悪質タックル問題で「傷害の捜査」にも進んでいる、今回の日大アメフト問題。
実は日大アメ…