トレンド

トレンド

ゾゾ前澤社長の心臓移植に賛否多数!「心臓病のおうちゃん」を助けることはいけないこと?

『ゾゾ100万円は本当に渡されるのか?ZOZO前澤社長の目的は「広告効果」かも』でもLomeroが紹介した記事はあるものの、前澤社長は「夢のある人」に100万円を分配したことは、ネット上で「完全抽選ではない」と話題になりましたよね。
「第二弾もやりたい」
そんな前澤社長に対して、フォロワーの一人が「そんなことより、サンジャポで特集された“心臓病のおうちゃん”を助けて」と進言。
そのことから、ZOZOTOWN・前澤社長が大々的に募金活動をすることに賛否の声は多数なんです。
 
◆ZOZOTO…

トレンド

ゾゾ100万円は本当に渡されるのか?ZOZO前澤社長の目的は「広告効果」かも

お正月休みも終わろうとしていた1月5日、剛力彩芽さんと交際中で、過去には紗栄子さんとの交際もあったZOZOTOWNの前澤社長の「100万円を100人にプレゼント企画」が話題沸騰の始まりでしたよね。
総額1億円という“お年玉”に、Twitter民は大興奮。「もらえたら○○します」のリプライは、まさに「慈善的なコメント」が多く、多くのネット民が100万円を待望しているのがわかるんです。
ただ、前澤社長曰く「当選者にはDMで報告」という、本当に当選したかしないか分からないような内容。
とは言え、前澤社長の…

トレンド

西野未姫と鈴木奈々が同じ種類?爆笑ヒットパレードで大炎上したワケ

元・AKB48の一人で、現在はマルチタレントとして活躍し始めた西野未姫さん。最近はバラエティ番組でも「ウザい」という声が多発しているんです。

その西野未姫さんが、2019年新年早々また大炎上。

元旦高齢の『爆笑ヒットパレード』を観ていた視聴者からは「西野未姫を出すな」という声や「鈴木奈々と同じ種類のウザさ」と話題になっているんです。

 

◆西野未姫 爆笑ヒットパレードで元旦から煩いと大炎上

西野未姫 爆笑ヒットパレード

バラエティ番組で活躍できるかどうかは「キャラ設定」が大きいと言われますよね。

特に女性の場合、類似キャラが多く、バラエティ番組で生き残るには「インパクト」が大切だったりします。

ただ、西野未姫さんの場合、『爆笑ヒットパレード』では空気が読めない雰囲気で金切り声を出してしまい、周囲の芸人もドン引きしていたことでネット炎上しているんです。

西野未姫はずっと誇張しすぎた鈴木奈々のモノマネをやってるな。

— 食べるサラダ (@taberu_salad) 2018年12月31日

西野未姫うるせえ…やりすぎて痛々しいわ…

— 成長期 (@mmmm16048) 2018年12月31日

他にも西野未姫さん、熊田曜子さんにダメ出しされたりと、芸能界では「次期・爆弾タレント」として扱われているんです。

 

◆熊田曜子もダメ出しした!西野未姫は「女性に嫌われる」?

元AKB48西野未姫、熊田曜子から「背もたれにもたれない!」と指摘され . . . ☆元AKB48の西野未姫が12月29日放送のバラエティ番組『有吉大反省会2時間半SP ドキッ!アイドルだらけの衝撃カミングアウト201… https://t.co/95IkNPFRCk

— アイドル大好き↑↑ (@IdolJPN) 2018年12月31日

『有吉大反省会』では、熊田曜子さんに美スタイルの秘訣をきいた西野未姫さん。

番組内では熊田曜子さんから「背もたれにもたれないことも大事よ」とチクリ。女性に嫌われる類の女性だったりするんでしょうか?

 

◆「爆笑ヒットパレード」で西野未姫が大炎上した「我が我がキャラ」

西野未姫 爆笑ヒットパレード
By:爆笑ヒットパレード2019

鈴木奈々さんとはやや違うのが、鈴木奈々さんは「場の空気」を読むことが上手だから。

「NGなしタレント」としてもおなじみの鈴木奈々さんとはやや違い、西野未姫さんの場合は「芸人間をヒエヒエにするぐらい空気が読めなかった」ことが炎上した理由でもあるんです。

西野未姫うざい、黙ってまじて

— yuuun (@bobbyranika_yg) 2018年12月31日

〈朗報〉西野未姫新年早々手相占い当たる#爆笑ヒットパレード

— ENEGORI先輩 (@0qy7vL4sTrkhbJ4) 2018年12月31日

手相では「芸能界から消える」と占われた西野未姫さん。

芸能界でのサバイバルレースで「干される」ということだけは避けていただきたいですよね。

 

まとめ

実は西野未姫さん、AKB時代にはファンはいたものの「アンチ」の数が多かったことでも有名なんです。

新年早々、元旦から「金切り声」を聞き、空気の読めない雰囲気を作り上げてしまったのは、むしろ「炎上芸」だったりするんでしょうか?

ある意味、今後の活躍から目が離すことができない存在になっていますよね。

 

【関連記事】

小森純の「ペニオク懺悔」の陰で好感度が上がった鈴木奈々

鈴木奈々 おしっこ激白!海やプールでの排尿は危険?

時事

りゅうた=小林愛望!犯罪予告をしてしまう人の心理とは

「世間から注目を集めたかった」
そんな言葉を残しながら「思ったより大騒ぎになってびっくりした」と語ったのが、Twitter上で「りゅうた」と名乗り、東京駅での犯罪予告をしてしまった小林愛望容疑者。
5ちゃんねるでも同様の加害者は過去にもいましたが、そもそもりゅうた=小林愛望容疑者のように「なぜ犯罪予告してしまうのか」の理由は、ふつうは知らないものですよね。
 
◆過去にも多い「殺害予告・爆破予告」の犯罪心理

5ちゃんねるを中心に「爆破予告」や「犯罪予告」は過去から多いもの。
特に有名なの…

テレビ

やりすぎでも!? 水ダウが打ち切りにならない大きな理由

人気番組『水曜日のダウンタウン』での目玉企画といえば、あのクロちゃん。安田大サーカスの枠を越えた、まさに「クロちゃんコンテンツ」は視聴者から人気ですよね。
そのクロちゃん×テラスハウス(?)を組合わせた「モンスターハウス」は、クロちゃんのあまりのキモさに視聴者も驚愕。
としまえん内で「監禁」されたクロちゃんに大衆が群がり“警察沙汰”にもなったものの、“水ダウ”こと『水曜日のダウンタウン』は打ち切りにはならない理由がありますよね。
 
◆スマイリーキクチが警鐘も…クロちゃんは自ら望んで「モン…

時事

追い証発生数がヤバイ!大手証券会社以上に悩む個人の行方は

平成の最後に襲った「日経平均株価の大暴落」。
2017年のクリスマスには「ビットコイン暴落」などもあり、今は男性だけじゃなく女性投資家も多い時代に“借金が増えた”なんて被害女性も多いんです。
独身女性はもちろん、今地獄を見ているのが主婦層。2018年クリスマスイブからの日経平均株価大暴落で、追い証発生で「入金できない」「損切りした」という報告が多数。
あの大手証券会社も、とんでもない損失を出しているんです。
 
◆大手証券会社N?4桁の追い証発生で相場は地獄入りへ

「大手証券で4ケタ規模…

ネット

株式会社アドマックだけじゃない!スパムメールの進化とは?

「スパムメール」は昔からあったものの、最近のスパムメールは巧妙。
今回、大きな痛手を被っているのが「株式会社アドマック」。実在する会社の名前でスパムメールを送信し、「トロイの木馬」を踏ませるというスパムメールの被害が多いんです。
他にも、LINE Corporationになりすました被害も最近は急増中なんです。
 
◆Twitterでも被害多数!株式会社アドマックのスパムメール

スパムメールでの典型例が「請求書を添付しました」というもの。
もちろん、添付しているのは「スパム」。開いた瞬間…

ネット

「Wi-Fiルーター」のおかげ!Wi-Fi飛んでるARが話題

Yahoo!トレンドで「Wi-Fiルーターが一位なの、なんで?」と話題になり、謎が広まっていたんです。
実はこれ、ARCoreを利用し「Wi-Fi電波を可視化」した応用技がバズっているからなんです。
カズレーザーさんのネタ「この辺Wi-Fi電波飛んでんな!」が実現したことが話題なんです。
 
◆Wi-Fiルーターが遠いことがきっかけで!「Wi-Fi電波」を可視化できるARcore
iPhoneなら「ARKit」、Androidなら「ARCore」という開発が進んでいて、カメラとモーションを…

テレビ

エロ整体師がヤバイ!更衣室での悪行も…

「癒やしの空間」でもあるはずの整体。
“現代病”とも言われるストレートネックになっている人はもちろん、日頃のデスクワークで肩こり・首コリがひどい人は多いですよね。
腰痛の女性も多いでしょうが、個人経営の「整体師」には要注意。
実は「更衣室」で悪行の数々を行っている可能性が高いんです。
 
◆TVでも放送される「エロ整体師」の更衣室での悪行

自分の体を丁寧に扱ってくれ、体のアンバランスさをほぐしてくれる“行きつけの整体師”を持っている人は多いのでは?
最近では「格安マッサージ店」も流行って…

テレビ

松嶋尚美が炎上!バイキング 南青山の児童相談所問題で

はっきりと物事を言い、早口でまくし立てるイメージの強い松嶋尚美さん。
バイキングに出演して「南青山の児童相談所問題」で“自分の思い”を語ったことが、まさかの大炎上に。
『バイキング』といえば炎上コメントを仕掛けることも多い番組とは言え、今回の松嶋尚美さんの「南青山の児童相談所問題」には、ネット上でも“怒りの声”が多い状態で炎上気味なんです。
 
◆バイキングで松嶋尚美が炎上した「無自覚なエゴ」

By:バイキング放送
もともと問題になったのが、南青山地区に児童相談所を建設するという案に「反…