トレンド

テレビ

ミタパン 滝翼解散に言及でイメージアップ!タッキーの今後より…

滝翼解散&タッキーが表舞台での活動が引退となり、多くの注目が「今後のジャニーズ事務所」にあたっていますよね。
でもタキツバファンからすれば「今井翼くんのメニエール症候群にはあまり触れられていない」であるとか、「もともとは、タッキーが翼くんと組むことを熱望していたのに……」と“すでに解散していた二人”には触れられず、悲しみを抱える一日になっているんです。
そんな中、グッディ内でミタパンこと三田友梨佳アナウンサーが「滝翼解散で、翼くんの今後が心配」ということに触れて絶賛されていますよね。
 

芸能

吉澤ひとみ 酒癖の悪さがひき逃げに直結?交通刑務所の可能性は

すでに一部メディアが報じているのが、飲酒運転ひき逃げ容疑で逮捕された吉澤ひとみさんの“酒癖の悪さ”なんです。
不幸中の幸いか、吉澤ひとみさんがひき逃げしたとされる被害者は軽傷。Twitterで特定されるドタバタ劇はあったものの、示談は濃厚とされているんです。
ただし、吉澤ひとみさんの「飲酒運転ひき逃げ」の罪は重くなりそうで、最悪の場合は交通刑務所行きの可能性も指摘されている状態。
人の性格を変えてしまうという「お酒」ですが、吉澤ひとみさんも例外ではなかったようなんです。
 
◆明石家さんま…

芸能

吉澤ひとみ 飲酒ひき逃げで逮捕!罪もかなり重く…

「飲酒ひき逃げ」というのは、道交法違反では最も重い部類の事件。
そんな“あってはならない事件”が元・モーニング娘。から出てしまったんです。
ひき逃げ当時、飲酒だったというのが吉澤ひとみ容疑者。
ネット上のみならず、芸能界に激震が走る事件。罪はかなり重く、今後、吉澤ひとみさんがどのようになってしまうかにも注目が集まっているんです。
 
◆イベントも急きょ欠席!吉澤ひとみがイベントに出る前…

吉澤ひとみ容疑者…よっしー、なんでや… pic.twitter.com/kp…

テレビ

さくらももこ 民間療法でスピリチュアルに傾倒していた是非

平均視聴率14.3%を記録した、さくらももこさん追悼の9月2日(日)の「ちびまるこちゃん」。人気マンガ・アニメの親の死は53歳と、若すぎるものでしたよね。

そのさくらももこさんが闘った乳がんが悪化したのが、2018年の夏頃。実はすでに10年の闘病生活を続けていたんです。

今、その治療内容に注目が集まり是非を集めていますが、奇しくも通院していたのが、あの小林麻央さんと同じ首藤クリニックだと報じられましたよね。

スピリチュアルに傾倒し、標準治療をしてこなかったさくらももこさん。

選択肢に是非の声が集まっているものの、さくらももこさんなりの哲学があったようなんです。

 

◆小林麻央も通院した首藤クリニックは「医療法違反」だった…

小林麻央さんも通ってたらしい、「首藤クリニック」に掲載されてる漫画がヤバすぎる。これあかんやろ… pic.twitter.com/SHo38N2TQD

— ヨッピー (@yoppymodel) 2017年7月3日

Twitter上でも大きな波紋を呼んだのが、小林麻央さんが通院していた首藤クリニック。

民間療法とは、いわゆる標準治療とは違い「オーガニック的な治療法」を行うことで、標準治療で行う抗がん剤服用などは一切なし。

女性ならば「乳がん」は、女性としてのプライドとの戦いでもあったりするもの。あの小林麻央さんも、「女性でありたい」という思いは強かったはずで、標準治療での副作用を恐れて民間療法の門を叩いたんです。

結果は言わずもがなで、首藤クリニックはその後、別件で「医療法違反」でクリニックは謹慎処分に。

さくらももこさんの場合、乳がん治療に区切りがついたのが10年も前。このことは、各メディアも大きく報じていることなんです。

「さくらさんの乳がんの闘病はもう10年近くになるはずです。40代半ばでのがん発覚後も治療を続けながら仕事のペースは落ちず、以前と変わらず穏やかな笑いのある漫画を描き続けていました。しかし、近しい人以外にはがん闘病のことは一切明かさず、病気と向き合っていました。感性の塊のような人なので、孤独の中にさまざまな葛藤があったと思います」(さくらさんの知人)

Ref:NEWSポストセブン

標準治療と向き合い、それからは“自分流”を貫いたさくらももこさん。

ネット上では、この「民間療法の是非」が問われている状態なんです。

 

◆さくらももこ 香川県の病院でバイオレゾナンスの民間療法に傾倒していた!?

さくらももこさんが民間療法で傾倒していたのが、ドイツ流の民間療法。

バイオレゾナンスという治療法は、副作用もなくて自律神経を整えたり、自然治癒力を高める治療だと謳われているんです。

例えば、香川県にある「わかばクリニック」では、がん闘病患者の間では有名。波動砲などの治療法もあり、藁にもすがる思いで民間療法を続ける人も絶えません。


Ref:わかばクリニック

標準治療とは違い、もちろん保険適用外。抗がん剤のリスクである毛髪の抜けもないことから女性による支持は高いんです。

嘘か真かはさておき、某・有名小説家も「超常現象によるがん細胞の消滅」を作品内で語ることが多く、一辺倒に「民間療法に意味はない」「怪しい」という意見のみの患者ではないのが特徴的ですよね。

 

◆さくらももこが標準治療ではなく「民間療法」を選択した理由とは?

さくらももこ 民間療法

前出のように、標準治療には抗がん剤の副作用がつきまとうもの。人によっては、抗がん剤での治療を拒み、そのままの運命を受け入れる人が多いものです。

さくらももこさんも例外ではなく、一度は標準治療での乳がん治療を乗り越えたものの、その後はスピリチュアルに傾倒。オーガニックな自然治癒を第一に考えていたんです。

「治療法についても姿勢は同様で、切除手術は受けても、抗がん剤は使わないとご自分で決めていらしたのです。その代わり、民間療法や自然療法でも良いものがあると聞けば、全国各地に飛んでいきました。四国での治療には私も何度か同行したこともあります。『バイオレゾナンス』というドイツ発祥の治療法です」

Ref:女性自身

前出のように、バイオレゾナンスとはドイツの民間療法の一つ。

香川県に有名な治療医院もあり、さくらももこさんは首藤クリニックの他にも懇意にしていた「民間療法医院」が存在していたことがわかりますよね。

さくらももこさんが「民間療法」を続けいてたことに対して、ネットでは賛否両論あり。

さくらももこさん、仕事のために “民間療法” で向き合った乳がんとの闘い(週刊女性PRIMEhttps://t.co/xTZJLR5smh
進行度合いによっては民間療法も『最期までの気休め』程度に役に立つことはあるけど、7年間となると標準治療で何とかなった奴な予感がするなぁ……。

— 灰色と名乗る事実上の形式不明武装多脚砲台 (@haiiro8116) 2018年9月3日

さくらももこさんの民間療法だなんだと批判だけど、そもそもTwitterだって、占いだパワースポットだ血液型だはもちろん、『自称専門家ですらない』見ず知らずの人間の適当な「診断」「分析」「分類」「レッテル貼り」が容易に信用されてるじゃないか、と。

土壌(素養)はあるんだよ、みんなに。

— 時事野次馬 (@yajiuma_jiji) 2018年9月3日

病気との向き合い方は人それぞれかと思います。
しかし、民間療法は、病気との向き合い方の一つであって、”治療”ではないことをお忘れなく。

さくらももこさん、仕事のために “民間療法” で向き合った乳がんとの闘い(週刊女性PRIME) – Yahoo!ニュース https://t.co/PoAbdxPoeV @YahooNewsTopics

— まみむめも@乳腺外科医 (@MamMa_mimumemo) 2018年9月3日

ここ数年は標準治療ではなく、民間療法に傾倒していたさくらももこさん。

もともとスピリチュアルに傾倒していたことが語られるメディアも多いですが、一般的な標準治療を選ばなかったのはやはり“女性らしさ”を忘れたくなかったからでは?

あの小林麻央さんが後悔した民間療法ですが、さくらももこさんは最後まで「かっこよくいたい」という思いを貫き通したのかもしれません。

 

まとめ

一般的にネット上では「スピリチュアルな民間療法は怪しい」という意見が多いもの。それは、あの小林麻央さんが首藤クリニックに通っていた時期から言われていたことなんです。

確かに、命を落としてしまえば“何も残らない”を思う人は多いはず。

とは言え、すでに「ちびまるこちゃん」という遺伝子を残していたさくらももこさんにとっては、“自分流”を貫き通すことこそ「人生の哲学」だったというほかないのかもしれませんね。

時事

水商売女性も!アリバイ屋の実態がヤバい

今、アングラな部分で話題になっているのが「アリバイ屋」。
偽装した会社の証明書などを使用でき、源泉徴収票も偽ることが可能なんです。
水商売や風俗に務める女性の悩みの一つが「賃貸ですら家に住めない」ということですが、アリバイ屋が手助けをしていることもありますよ。
人によっては「借金」に利用することもある、危険な実情がヤバいんです。
 
◆アリバイ屋を使い「住居」を頼る水商売女性

仲介不動産屋で「住居」を探す水商売女性にとって、つらいのが「審査落ち」ということ。風俗勤務の女性もそうですが、社…

テレビ

みやぞんがかわいそう!? トライアスロンが盛り上がらない理由

2017年の「24時間テレビ」の注目といえば“誰が走るか”にスポットがあたりましたよね。
というのも、「誰が走るかは当日まで分からない」という設定で、前評判では小林麻央さんや市川海老蔵さん、あるいは手越祐也さんという声もあったからなんです。
蓋を開ければ、ブルゾンちえみさんの激走。いまいち盛り上がりにかけた印象のある「24時間テレビ」のマラソンだったものの、2018年にはみやぞんさんがトライアスロンにチャレンジ。
新たな試みで自信を持って送り出す日テレ陣に対して、視聴者はやや冷めた視線。というよりも…

時事

デート援交やパパ活の実態がヤバい!やましいことはなくても…

おじさんの中には「10代の女性と“したい”」と思う、いわゆるロリータコンプレックスの人が多いもの。
その影響で、女子大生を中心とした「パパ活」が流行ったのが2017年頃からなんです。
ただ、パパ活とは違って、デート援交は「昼間」「会うのは10代女子(女子高校生がほとんど)」というのが実態。
昼間に大の大人と女子高生が一緒に歩いていても「条例違反」ではないと言われますが、テレビでも特集されたように、警察による介入が始まっていて、実際のデート援交の真実はヤバいものなんです。
 
◆パパ活やデー…

時事

嘘でもガセでも…!パチンコ換金禁止を望む人が多い理由

日本の“ガン”とも言われているのが、23兆円規模にのぼるパチンコ産業。
一部メディアから「菅官房長官により、パチンコが完全に換金禁止になる」という報道がされたものの、発表の内容はあくまで「ギャンブル性をなくす」というものだそう。
このパチンコですが、男性のみならず、女性も依存症が多かったりするんです。
風俗落ち・キャバ落ちしている女性にも「パチンコ依存症」の人は多く、実際に“換金禁止”を望む声が多い最たる理由が「依存症」なんです。
 
◆ガセだった?パチンコ換金禁止を望む人は多くても…

芸能

満島さおり=鈴木祐未 AVがヤバい!? 女子大生のお金への執着

いまどき女子大生は「パパ活」に勤しむ人も多いと言われる時代。とにかく“お金”がほしい状況にある女子はかなり多めなんです。
女子大生といえど、日頃からアルバイトに勤しみ、時には心を殺して「キャバ嬢」「風俗嬢」として働く選択肢を選ぶ人も珍しくない時代。
そんな中、脚光を浴びてしまっているのがミス跡見学園に輝いた鈴木祐未さんなんです。
「満島さおり」としてAVに出演していて疑惑がネットで騒がれているものの、女子大生の“お金に対する執着”は意外に高いもので、むしろ珍しいことではない理由があるんです。
&nb…

芸能

はあちゅうとしみけんのセックスを「羨ましい」と女性が思う理由

人気ブロガーのはあちゅうさんと、AV男優のしみけんさんが“事実婚”という形で結婚したことが話題になりましたよね。
もともと「童貞叩き」などで炎上ブロガーだったはあちゅうさんが、女性との性交渉を生業にするしみけんさんとの結婚で「もはやカオス」という感想もありつつ「しみけんと結婚できるのが羨ましい」なんて声もあるんです。
世の中には、AV男優と結婚したい女性も多いもの。
しみけんと結婚できることが羨ましいと思う人の心理はご存知ですか?
 
◆しみけんも素晴らしい?AV男優の女性への気遣い

結…