日本人は働きすぎ?精神疾患の原因にも

日本人は“働きすぎ”と言われますよね。

年々増える「精神疾患」の原因にもなると言われ、みなし残業などで働きすぎの原因になっている人も多いのでは?

精神疾患の原因にもなる“働きすぎ”が改革される日はくるんでしょうか?

 

◆日本人=真面目すぎる?質より量を重視するところも

椎木里佳 薬 セクハラ

働く女性も多い現代。終電ギリギリで帰宅という人も多いですよね。

買えるやいなや、ベッドにダイブ。そのまま朝まで寝てしまうという人も多いんです。

そうした生活ばかり続けると、ワーカーホリックという状態になる人もいますね。

精神錯乱状態に近いものがあり、仕事をしていると多幸感すら感じる人もいるのが怖いところ。

時間=仕事をしているという職場が多く、仕事が終わっていてもダラダラ残業する人は多いですよね。

 

◆働きすぎが最低限の文化的な生活がなくなる原因に

朝の8時に出勤し、夜の23時に帰宅。まるで自分らしい生活ができない女性も多い現代なんです。

ともなれば、リラックスできる時間も皆無。気付けば、心身ともにボロボロなんてこともありえますよね。

最低限の生活を得るために「転職」を選ぶ人も。

ただもっと怖いのが「過労死」や「自殺」という選択肢を取ってしまう人です。

 

◆残業なし企業の増加が鍵?

自分らしい生活をするためには、残業なしの企業で働くことが大切。

いくら給料が良くても、働きすぎて体を壊してしまっては意味がないですよね。

働いても働いても給料が上がらないという人もいて、日本はもはや「生きる地獄」だったりする?

 

まとめ

ものは溢れているのに、心が豊かになりにくい日本。

働き方の改革も見直されていますよね。

働きすぎて「心身ともにボロボロ」という状態だけは避けたいところですが……。

 

<画像>

椎木里佳 薬を盛られたセクハラ&広告業界の闇

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です