羽生結弦が人の心を大きく動かす理由

羽生結弦さんといえば、フィギュアスケート界の応じと言っても過言ではないですよね。

平昌オリンピックのショートプログラムで“圧倒的な力差”を見せつけ、観客を魅了し続けた羽生結弦さん。

なぜ、羽生結弦さんの演技は人の心を大きく動かすんでしょうか。

 

◆羽生結弦のフィギュアスケートには「ドラマ」がある

羽生結弦 素顔

今回の羽生結弦さんのスケート演技は、怪我で2ヶ月も氷上で滑ることができなかったことが話題に。

「調子が悪い」と言われ、メダルも危ういと言われていましたよね。

そんな羽生結弦さんが、ショートプログラムでは圧倒的な一位。フリープログラムを待たずして「金メダル取れる!」「羽生結弦が帰ってきた!」と歓喜の声が多いですよね。

どんな演技の際にも「隠されたドラマ」がある羽生結弦さん。ドラマ性が話題になりやすい理由でもありますよね。

 

◆普段の羽生結弦と氷上の羽生結弦は別人?

羽生結弦 素顔

羽生結弦さんのすごいところが、氷上で「何者かが乗り移っている」と言えそうな雰囲気。

日頃の“のんびりした雰囲気”とは程遠く、自信に満ち溢れた演技は「お見事」そのものですよね。

まるで別人の、普段の羽生結弦さんと氷上の羽生結弦さん。

このギャップも、氷上では「素晴らしい演技」に見える一つの理由ですよね。

 

◆技術よりカリスマ?フィギュアスケートの生ける伝説

後世に語り継がれるのは間違いないのが、羽生結弦さん。

選手というよりも、アーティストとしての魅力がふんだんにつまっていますよね。

まさに「カリスマ性」が取り柄で人気の羽生結弦さん。

氷上での表現力は、どんなフィギュアスケート選手よりも秀でたものがあるんです。

 

 

まとめ

世界にも敵なしと言われる羽生結弦さん。どんな演技でも、素晴らしいドラマを描くことがすごいですよね。

フリープログラムでとてつもない演技を見せて、金メダルを取ることは当確?

今後も羽生結弦さんから目が離せません。

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です