生駒里奈も接触商法が原因の疲れ?アイドル引退続々が話題

最近、アイドルの引退が多いと話題になっていますよね。

乃木坂46の生駒里奈さんや、ももいろクローバーZを卒業した有安杏果さん。

こういったアイドルの精神的疲弊が、接触商法によるものと論じられているんです。

 

◆接触商法やSNS疲れ…寝る暇もないアイドル

生駒里奈 卒業

乃木坂卒業を発表し、大きな話題になっているのが生駒里奈さん。

ファンが多かった一人だけに、生駒里奈さんの卒業を悲しむ声も多いですよね。

もともと乃木坂は清楚系で売り出したからこそ、AKBのような握手会がないと思われがち。

でも、もちろん握手会はあり、何よりSNSでの接触が当たり前と言われる時代だけに、坂グループだとしても“精神的疲弊”が上昇しがちな時代なんです。

まさに寝る暇もないというアイドル時代ですよね。

 

◆有安杏果も?「普通の女の子の生活」に憧れる理由

普通の女の子に憧れたのが、有安杏果さん。

疲れ切った理由で、メンバーの足を引っ張っていると自覚したこともありそうですよね。

有安杏果さんのように、「疲れたから辞めたい」「精神的限界でも、アイドルだから辞めることができない」という人多数。

それが、実はアイドル集団の「負の連鎖」にもつながることになるんです。

AKBや坂グループの「精神的限界」での“卒業者”は、これからも増えるかもしれません。

 

まとめ

このような「接触商法」が危険視される時代。特に疲れるのが、SNSでの交流なんて人もいそうですよね。

人気を上げなければ、自分への見返りがなくなってしまうアイドル。

接触商法の限界が、アイドル卒業という被害を生むきっかけになるかもしれません。

生駒里奈卒業 「まいやんより早い卒業」に困惑する声

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です