ET-KINGいときん がん闘病も死去…肺腺がんで

ET-KINGのいときんさんといえば、「肺腺がん」で闘病生活を送っていたものの、短い闘病生活で死去。

角界から悲しみの声に包まれていて、いときんさんを惜しむ声も多いですよね。

肺腺がんは誰しもがなる可能性があり、とても他人事ではないんです。

 

◆いときんを襲った「肺腺がん」の恐怖

ET-KINGいときん 肺腺がん

明るい表情で、素敵な音楽で聴く人を楽しませてくれたET-KINGのいときんさん。

2017年8月に入り、自身が「肺腺がん ステージ4」であることを告白して周囲を驚かせたんです。

ステージ4ともなれば、小林麻央さんのように“余命”を考える時期。

早期発見ならばまだ希望がある「がん」も、なかなか現代医療まで治療が浸透していないことが悲しいですよね。

 

◆肺腺がんの症状は?誰でもなる可能性が…

肺腺がん

肺の末梢にできやすい「肺腺がん」。喫煙と関係があると思いきや、あまり因果関係がないというのにも驚きですよね。

怖いのが、「初期症状がでにくい」という点。なので、気付いたときにはステージが進行しているなんてこともあり得るんです。

肺腺がん

ステージ4になると、さすがに自覚症状も芽生え「痛み」なども出てきます。

  • 咳(咳嗽)
  • 痰(喀痰)
  • 血痰
  • 発熱
  • 息苦しさ(呼吸困難感)
  • 全身倦怠感
  • 体重減少
  • 胸痛

 

癌は早期発見が理想。

ただ、ET-KINGいときんさんのように、気付いたときには遅いなんてこともあります。

いときんさんが患った「肺腺がん」。つらい闘病生活だったのでは……?

ご冥福をお祈りします。

 

<画像・参考>

ET-KINGいときん 肺腺がんステージ4の原因や症状

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

White Cake編集部

芸能、美容、恋愛、健康の情報をお届けするWhite Cake編集部です。 旬なトレンドから、美容・健康情報まで盛りだくさん✨