ワンナイトラブには絶好のクリスマス

女性でも「ワンナイトラブ」に憧れるときってあるんです。

ちょっとさびしいなとか、女性だって月に一度は二度……なんて日もありますよね。

しかも12月といえばクリスマス。実は一人で寂しく過ごしたくない女性も多くて、「一夜限りの恋愛」もしやすい季節なのは知っていましたか?

 

◆ワンナイトラブしたいと思わせるには?男性の背中を押す方法

クリスマス デート

「自分を安売りしやくないけど、クリスマスは何となく一人で過ごしたくない……!」

そんな人は、少しでも気になっている男性とクリスマスまでにデートの約束をするのが大事。

クリスマス・イブでもクリスマスでも、その男性といかにコミュニケーションを取れるかが大切なんです。

ワンナイトラブと言っても、やっぱり二人のムードや意識って大事なところ。

しかも、男性の背中を押す動機づけに「思わせ」もきちんとさせておきましょう。

「クリスマスだし……期待してるね❤」で大体の男性が勇気を持ってくれるはず!?

 

◆35歳未婚OLがクリスマスにワンナイトラブを体験した話

35歳になった奈美恵さん(仮名)。

とっくに結婚の二文字は頭にはないものの、なんとなくクリスマス前に寂しくなったんです。

そんなときに、なぜかLINEがあったのが、4年前に勤めていた会社の部下。5歳離れていた当時の部下とLINEしていると、なんだか当時のアラサーのとき、結婚の焦りを覚えていたことが沸々と蘇ってきたんです。

奈美恵さんは公平さん(仮名)と、「クリスマス、ご飯でも食べない?」と、なぜかデートに誘うことに。

当時、まだ若さの残る顔立ちだった公平さんは、今やサラリーマンとして立派な顔つきに。男の色気を感じてしまった奈美恵さん、その後は公平さんを「自宅に逆・お持ち帰り」。

驚いた公平さんだったものの、奈美恵さんのあまりのギャップと当時の思い出が合わさって「クリスマスに結ばれる」というワンナイトラブを体験してしまったんです。

奈美恵さんはそれから、公平さんと連絡を取ることはなくなった……というか、LINEが既読にならない状態に。

でも、女性から誘う「ワンナイトラブ」で、ある意味、不思議なクリスマスの体験ができた35歳の冬だったようなんです。

 

まとめ

「クリスマスだけの恋愛」って、実はしたいと思っている人がけっこういるのは紹介しましたよね。

恋人求む!? 「クリスマスだけの恋愛」はアリ・ナシ?

もちろん、クリスマスだけの「ワンナイトラブ」って、ある意味、いい思い出に残るかも。

むしろ、そのワンナイトラブがきっかけでカップルになったなんて人も多いので、「クリぼっち」を過ごすのが嫌な人は、クリスマスだけのワンナイトラブを楽しんでみてはいかがですか?

 

<アイキャッチ画像出典>

海&ワンナイトラブ!夏に待ち受ける男性の手口に後悔なし?

シェアありがとうございます