体を柔らかくするストレッチで健康に

バレリーナのような柔らかく女性らしい体に憧れたことはありませんか?

前屈や開脚を軽々と出来たら格好いいですよね。

体が柔らかくなると血流の流れも良くなり、体にたまった老廃物も排出しやすくなります。

体の柔軟性を上げるには、正しいストレッチが大事なんです。

 

◆立ったまま前屈ストレッチ

背筋よく立った姿勢から両手を足元につくストレッチです。

膝裏と太もも裏の緊張を柔らかくほぐしていきます。

足裏の筋肉を柔らかくすることで足の柔軟性を高めていきます。

同時に背中と腕のストレッチも一緒に行えますよ。

少しの時間できちんと筋肉をほぐせるエクササイズです。

 

◆寝ながら足裏ストレッチ

仰向けに寝た状態で、片足を天井に上げます。

上げた片足の足の裏を両手でつかみます。余裕のある方は足を自分側へ引っ張りストレッチします。

まだ体が硬くて手が届かない方は、タオルを足にかけて、タオルを引っ張っても大丈夫です。

膝裏中心にストレッチをしていきましょう。

 

◆膝を曲げてストレッチ

立ち姿勢から左足は外側、右足は内側を向けます。

そのまま左足を左へ曲げて、体も左へ向けます。左足をまたぐように両手を床につき、右足を楽に床におろしておきます。

状態を起こし、両手を真上に。そのまま状重心を左足に預けます。

股関節と右足の足裏を刺激しましょう。

 

◆座って前屈ストレッチ

座りの姿勢で片足を長く前へ。もう片方の足を太ももにつけます。

そのまま上体を前に前屈させていきます。気持ちの良いところでゆっくり呼吸をします。

時間がたって体がほぐれてきたら、手を更に奥へ伸ばしていきましょう。

 

まとめ

太もも裏と膝裏の筋肉をほぐし、ストレッチをすると開脚がしやすくなります。

下半身の柔軟性を強化したい場合は、足裏や股関節を中心にストレッチを行うことで徐々に柔らかくなっていくはずです。

毎日ストレッチをする習慣をつけることで、あなたの体もバレリーナのようにしなやかで美しいラインを作ることが出来ますよ。

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です