バストアップに大豆製品は効果なし?プエラリアミリフィカも

バストアップ 嘘

バストアップに効果のある食べ物としてよくあげられるのが大豆製品。

バストアップに欠かせない女性ホルモンのエストロゲンと、納豆や豆乳などの大豆製品に入っているイソフラボンが体内で似たような働きをすることから、大豆製品はバストアップに効果的と言われているらしいです。

その情報を元に、苦手な豆乳を毎日飲み続けること3ヶ月。「体にいいことをしている!」という満足感はありましたが、バストのサイズは全く変わりませんでした。

「なんでなの!?」と思い、自分なりに調べたところ、大豆製品を食べても、腸内にエクオールという物質に変換されないと、あまり意味がないみたいです。

でも、この体内変換ができる人は日本人の約半分で、若い人だとさらに少ない割合だそう。

検査してみたわけではないのでなんとも言えませんが、私も体内変換ができないタイプなら、苦手な豆乳を飲み続けても効果が出ないはずです。

そういう大事な情報を伝えずに、ただ大豆製品を摂取すればバストアップできる、みたいな情報を流すのって、無責任だなぁと思ってしまいます。

 

◆バストアップサプリメントも「意味がない」と感じた人が大多数

プエラリアミリフィカ

バストアップサプリに意味がない!」と感じた人は多数で、過去にもプエラリアミリフィカの健康被害が話題になっているんです。

また、イソフラボンといえば大豆や豆乳。美肌効果も期待できるとあって、イソフラボンも女性に大人気の栄養素。

バストアップに効果があるかないかと言えば、「単品でサプリメントを飲むだけでは、バストアップ効果は“ない”」と言わざるをえないんです。

しかも、健康被害まで報告されたことは多いですよね。

胸を大きくしたい女性の多くは、「バストアップ」と「ダイエット」を両立しがち。なので、しっかりとした生活習慣もないのに、偏った栄養素を摂取してしまうことで健康被害につながることが多いんです。

プエラリアミリフィカの場合は、植物性のエストロゲン・イソフラボンというのが健康被害の原因になっている可能性大。

「手軽にバストアップ」の文言が話題になったものの、実際にバストアップできた女性はごく少数なのでは?

しかも、健康被害が話題になっているほどなので、日本人女性には体質に合わない栄養成分なのかもしれません。

 

まとめ

実際、「もっと胸を大きくしたい」という女性の本音につけこんで「バストアップサプリメント」はまだまだ売れています。

でも、大事なのは日頃の生活習慣と食生活。

特に睡眠は大事で、おすすめはサプリメントよりナイトブラです。

安易にサプリメントに手を出すのはやめましょう。

 

<参考・画像出典>

プエラリアミリフィカの健康被害とバストアップの嘘

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です