鈴木美穂 結婚の幸せの裏側にあった「乳がん闘病」

ミヤネ屋「2時50分の美女キャスター」として知られる鈴木美穂さん。

おめでたく1歳上の男性との結婚となったものの、実は波乱万丈な人生なんです。

「キャリアウーマン」として輝かしいだけの人生だけじゃなくて、「乳がん」という闘病生活を送っているからこその“内面からの人間味”もでていて、ぜひ幸せになってほしい一人ですよね。

 

◆24歳のときに乳がん発覚…絶望からあきらめない精神へ

鈴木美穂 乳がん
By:がんノート

3年前に「がんノート」というサイトでインタビューに答える鈴木美穂さんの表情は、元気そのもの。

「ひとりじゃないよ」

そのメッセージに込められた優しさが、鈴木美穂さんのNPO法人の設立のきっかけにもなっているんです。

実は「二足のわらじ」で、NPO法人と会社員をこなす生活の鈴木美穂さん。

その「ひとりじゃないよ」のメッセージには、全国の乳がん患者の方へのメッセージでもあるんです。

24歳、乳がん発覚時には「絶望」しかなかったと言われる鈴木美穂さん。ただし、「結婚と出産」という夢だけはあきらめない様子だったそう。

それが今回、「結婚」という夢が叶い、周囲から祝福されていますね。

 

◆乳がんになっても「あきらめない」

鈴木美穂 ミヤネ屋 キャリアウーマン
By:日経WOMANキャリア

乳がんといえば、あの小林麻央さんを思い出す人も多いでしょう。

ちなみに鈴木美穂さんは、ステージ3までの進行があったんです。あきらめずに治療を続けた結果、今も女性ホルモンは投与しているものの、元気な姿をミヤネ屋でも見せてくれていますね。

「乳がんになると死んでしまう」

そんな絶望にかられる人も多いといいますが、鈴木美穂さんの「あきらめない」を見習いたいという人も多いのではないでしょうか?

 

まとめ

ただ「美人」で「仕事ができる」女性ではないのが鈴木美穂さん。

過去に「乳がん」という体験をして、今でも女性ホルモン投与をしているからこその「人生の蓄え」がにじみ出ているのでしょう。

次は出産という夢をかなえてほしいですね。

 

<参考>

鈴木美穂 結婚!キャリアウーマン&乳がん克服での陰の努力

【要約】乳がん経験者 鈴木美穂さん

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です