秋の美容&健康に!薬膳料理で残暑バテ解消

随分と涼しくなり、秋の気配が押し寄せてきていますよね。

ただこんな季節の変わり目だからこそ、「体調の変化」には注意したいもの。

特に、お料理で健康維持は大切なことなんです。「残暑バテ」に落っている人は、「薬膳料理」で健康を維持しませんか?

 

◆薬膳料理を食べて「残暑バテ」対策

薬膳料理
出典:http://gakujin-no-mori.net

「薬膳」という言葉は昔からありましたが、最近若い女性の間でひそかなブームとなりつつあります。

「確かに体によさそうだけど、なんだか難しそう……」と思う方は少なくないでしょう。

そんな方でも、根菜は体を温めるとか、夏野菜は体を冷やすとかいったことは聞いたことがあるはずです。ズバリこれこそが「薬膳」料理の考え方なんです。

食べ物で体のバランスを整えてあげることで、体の調子を整え、体を痩せやすい状態に持っていったり、肌の調子を良くしたりすることができるんです。

例えば、冷え性の人が体を冷やす食材ばかりを食べていると、さらに体のバランスが崩れていきますよね。

こういった状態のときに、体を温める食材を食べるようにすると、体のバランスが良くなるということなんです。

■温性・熱性
温性や熱性はカラダを温め、気や血液の流れをよくして、新陳代謝を高めます。その作用は熱性の方が強くなります。
食材例
しょうが、ネギ、シソ、紅花、シナモン、唐辛子、コショウ、山椒、にんにく、たまねぎ、らっきょう、ニラ、かぼちゃ、かぶ、菜の花、羊肉、鶏肉、まぐろ、サケ、エビ、栗、桃、紅茶、もち米、酒、ワイン、黒砂糖など

参考:All About

本格的な薬膳料理と思うとハードルが高く感じますが、これなら日々の食卓にも取り入れやすいですね。

例えば、薬味を料理に加えるだけでもかなり違いますよ。

 

◆残暑バテの基本的な対策もお忘れなく

残暑バテは「夏の疲れ」が一気に押し寄せてくるのが原因なんです。

季節の変わり目に、体が順応できないと体調を崩しやすいですよね。

「残暑バテ」の対策は、薬膳料理で体を整えることと、もう一つの基礎的な習慣「入浴」をしっかりとすることが大事なんです。

他にも対処法は色々。

  • 軽い運動を朝 or 夜に30分程度行う
  • 入浴で体の芯を温める
  • 冷たいものばかり食べない
  • 心の不調の場合は、ストレス解消を心がける
  • ビタミンを意識した食事をしっかりと摂る

参考:Lomero

体の不調はもちろん、心の不調にも気を付けたいですね。

 

まとめ

秋口は体調を崩しやすいもの。

残暑バテも多い季節、ぜひ薬膳料理と生活習慣で体調を整えませんか?

美容と健康に気を付けて、楽しい秋を迎えてくださいね。

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です