シミ対策には洗顔とハイドロキノンが大事!?

シミ対策

20代から女性にとっては「シミ対策」は永遠のものになるといっても過言ではないですよね。

いかにシミ対策ができるかは、20代の頃から意識しませんか?

基本的な「洗顔」と、「ハイドロキノン」の成分にも注目したいですね。

 

◆シミ対策で一番大切?「洗顔の仕方」


By:https://pics.prcm.jp

日焼けをしてしまってもシミなどにならないように、洗顔の仕方に気を付けるのも大切な「シミ対策」なんです。

日焼け止めを塗るのはもちろんですが、他のケアは特にしていないという女性でも「洗顔」には一工夫。

なぜ洗顔に気を付けるのが効果的かというと、ターンオーバーを正常に機能させるためなんです。

ターンオーバーが正常に機能すれば、紫外線によるシミなどが出来てしまう原因である、「古い角質」を剥がし落としてくれるからです。

なので、基本である洗顔の仕方に気を付けるってのには「シミ対策」で大事なんですよ。

洗顔をする時に気を付けてほしいことは、たっぷりの泡で優しく洗い、肌にダメージを与えないようにすること。そしてしっかり洗い流しましょう。

洗顔料を長時間顔に乗せておくと、水分が奪われてしまうので、洗顔の時はできるだけ時間をかけずにササッと済ませます。

洗顔を済ませた後はタオルで優しく拭き、すぐにスキンケアを行うのが大事。

顔を擦らないことが洗顔をする時の一番のポイントです。擦ることは一番肌にダメージを与えてしまいます。

ターンオーバーが正常に機能してくれる肌になれば、シミなど以外の肌トラブルも起こりにくくなるので、まず基本である洗顔の仕方を見直すことは、とても大切。

そして注目したいのが「ハイドロキノン」です。

 

◆シミ対策には「ハイドロキノン」が入ったコスメで対策

シミに対して最近注目度が高い成分が「ハイドロキノン」ですよね。

ハイドロキノンの効果が期待できるシミの種類

  • 炎症後色素沈着
  • 肝斑(かんぱん)
  • そばかす(雀卵斑:じゃくらんはん)
  • 日光黒子(老人性色素斑)

参考:スキンケア大学

シミ対策で最近有効だと言われる成分なんです。

ターンオーバーを正常化してくれて、シミに対しての色素沈着も防いでくれる成分。女性は「シミ」で悩んでいる人は多いので、すでにハイドロキノン成分のクリームを使用しているという人も多いのでは?

ただ、ハイドロキノン、多少の副作用も。

ただ、効果が高い反面、副作用にも気をつけなければいけない成分だと言われているんです。副作用には、赤みや湿疹、肌のただれなども。

参考:Lomero

パッチテストをするなども必要かもしれませんね。

 

まとめ

シミ対策は女性にとって、いくつになっても気になること。

  • 正しい洗顔方法を見直す
  • ハイドロキノンに注目

シミ対策をきちんと行って、美肌をキープしたいですね。

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です