小顔も意識!メイクはナチュラル&すっぴん肌を

ナチュラルメイク 小顔メイク

女性ならいつでも気になるのが「美容」。でも、あまりに意識しすぎて、逆にストレスでお肌が荒れるということもあるもの。

ナチュラルメイクと美肌を意識して、ありのままの自分でいませんか?

 

◆こってりよりナチュラルメイクがいい理由

上手にメイクしたいと思う気持ちが強すぎると、こってりメイクになりがち。

こってりメイクが似合うのは本当に一部の人で、多くの人はさりげない「ナチュラルメイク」のほうが似合いますよね。

特に肌がきれいな若い時期はベースメイクを控えめにしましょう。

せっかく肌がきれいな時期にベースメイクに凝ってしまって、ハイライトやシャドーのテクニックまで磨いてしまうのはもったいないんです。

そういう凝ったメイクテクニックが必要なのはアラサー以降で十分かも?

 

◆美肌を意識するのも「ナチュラルメイク」で!お肌のことを考える

ナチュラルメイク 小顔メイク
By:Pinterest

若さがあるうちは肌にハリがあって、肌ツヤも良いですよね。なので凝ったメイクや過剰なベースメイクの必要はありません。

「若い時期は薄付きメイクでさりげなく」

これができるようにメイクテクニックを磨いておくと、年齢を重ねてダメージが減るので将来、「あのとき、こってりじゃなくてよかった!」と思いやすいんです。

美肌になるには、肌をあまり触らないことです。また、肌にゴテゴテと基礎化粧品を塗らないこと。

若いならなおさら、基礎化粧品の量は少なめで十分ですよ。

美意識が高い女性ほど、基礎化粧品を若い頃から使いすぎてお肌に負担がきているはず。

だから吹き出物が出たり肌荒れが起きるようになるのでは?

肌に吹き出物ができて、治ってもまたできてそれを繰り返すようなら基礎化粧品をやめてみると良いかもしれません。

 

◆小顔に見せることも大切!日頃の生活習慣&メイク

小顔メイクも大事ですよね。すっぴんでいるに越したことはないものの、デートのときはやっぱりナチュラル気味に女子っぽく見せたいもの。

おフェロメイクまではいかないものの、チークを高めにするのも大切。

小顔メイクには、頬のチークを少し高めに塗り、シャープに見えるよう斜めに楕円を描くようにするのがおすすめ♪

頬の部分にはシャドウを使い、影になるようにメイクしてみてくださいね。

また、前髪をアップにしておでこを広くあけ、相手の目が上部に向くように意識したメイクアップを行なのが大事!

参考:小顔にするにはどうすればいい?顔を小さくするテクニック

小顔づくりも日頃から意識しましょう♪

 

まとめ

中高年の肌と20代30代の肌は違います。

まだまだ若い年齢なら素顔でいる時間を作ることも大事です。

ナチュラルメイク&素肌への大切さを意識して、今から先々を意識してみては?

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です