美肌&健康をゲットしたければ、湯船に浸かる入浴を

美肌は、女性にとっては永遠の憧れなので、女性は美肌をゲットする方法をチェックしたり、基礎化粧品にお金をかけたりしますよね。

でも、お金をかけなくても、気持ちよく美肌になれる方法があるのです。それは、湯船に浸かることです。

 

◆美容&健康のための「入浴の重要性」

仕事の後は疲れているので、シャワーでさっさと済ませたいと思っている女性が多いと思いますが、ぜひ湯船に浸かってみてください。

そうすれば、その気持ち良さにはまってしまいますし、何より美容・健康効果が高いのがオススメ。

熱い湯船に浸かると、溶けるような気持ち良さを感じて、とてもリラックスできます。そして、ある程度の時間浸かっていると(私の場合は、10分くらい経つと)汗が頭や顔からとどんどんと出てきます。

そうなると、毛穴の汚れが落ちるので、美肌へと近づけるのです。また、血行も良くなるので、お肌のくすみも取れます。

しかも、自律神経をうまく整えてくれるので、「夏バテ」の対策にもなるんです。

 

◆エアコン冷えにもいい「お風呂での入浴」で自律神経を整える

エアコン冷えで体調を崩す人は多いはず。特に、男性と違って女性は冷えに敏感。

男性がエアコンの温度を下げると、体調を崩しやすいという人も多いですよね。

そんな体調不良は、夜のバスタイムで解消! そもそも、自律神経が整っていないのと、体のめぐりが悪いのが「冷え性」の原因になっていることも多いんです。

なので、夜のひととき、バスタイムで「美容と健康」を意識したいですよね。

お盆休み明けのだるさに拍車をかけるのが「エアコン」でのだるさ。女性なら肩こりや頭痛、男性なら風邪や腹痛など“不調の原因”にもなりかねないですよね。

ただ、暑い夏にエアコンなしは熱中症の危険性もあるので「エアコンなし」はなかなかつらいところ。

そんな困った「暑い夏のだるさ」には、しっかりとお風呂で入浴をすることが大切。

おすすめはクナイプバスソルトやきき湯アロマを使って、38℃程度のぬるま湯に10分~15分入浴することなんです。

出典:むしろ疲れる!自律神経も乱れる休み明けのだるさを解消

暑い夏に「湯船につかるのが嫌」という人もいますが、最近はクールバスクリンも多いですよね。

ぬるま湯でリラックスすると、疲れも吹っ飛ぶのでおすすめです。

 

まとめ

暑い夏だけじゃなくて、怖いのは「残暑バテ」。うまく体を調整して、バテ知らずになってくださいね。

体調管理が、一番の美容・健康効果を高めることになるはずです!

 

<画像出典・引用>

むしろ疲れる!自律神経も乱れる休み明けのだるさを解消

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

White Cake編集部

芸能、美容、恋愛、健康の情報をお届けするWhite Cake編集部です。 旬なトレンドから、美容・健康情報まで盛りだくさん✨