山下智久の胸筋がすごい!棒演技と言われても

現在「コード・ブルー Season3」に主演している山Pこと山下智久さん。そのコード・ブルー第1話の着替えのシーンで、服を脱いだ時の胸筋がすごいと視聴者の間で話題になっているんです!

Twitterでは、「山Pの胸筋やばい」「胸で負けた」など女性視聴者の歓喜と落胆の声が溢れ返りました。

 

◆ストイックな山下智久がすごい

山Pといえば、「あしたのジョー」に主演したときの激しい肉体改造と食事制限で体脂肪率を5%まで減らしたことが大きなニュースになりましたよね。

そのときは腹筋と背筋を毎日30分間、食事も鶏のささ身とサラダだけで過ごしていたというから驚きです。

普通の人なら絶対真似できないですよね。

そんなストイックな山Pは、現在も週2回、60回の腕立て伏せを継続中だそうです。

あの胸筋はまさに「継続は力なり」の賜物なんですねー。

 

◆棒演技ではない?コードブルーの藍沢の演技

一部では山Pが「棒演技」と言われることがありますが、実は藍沢はああいったクールな役。

もともとのクールな役を「棒演技」とされてしまうのは少し悲しいですよね。

棒演技というよりも、藍沢のよさを引き立てている山下智久さん。今後の展開ではどのような演技を見せてくれるんでしょう?

 

まとめ

コード・ブルーは視聴率も絶好調。

これからも山Pから目が離せないですね!

 

<画像出典元>

コード・ブルー3rdシーズンで際立つ山下智久の棒読み演技

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です