待てる女子になって男子の気を引く?LINEテクも

大人になると仕事も忙しくなって、恋愛のことばかり考えていられなくなるけれど、1人の瞬間にふと寂しくなることってありますよね。

そんな”ふと寂しいとき”、気になる異性と連絡するチャンスがあった時に気を付けたいのが、連絡の仕方。

もちろん内容も大切だけれど、大人の男性でそれなりに仕事をしている人ならそんなにすぐに返事は出来ないし、そもそも連絡も見ていない可能性大ですよね。

特にLINEの場合は、あまり長い文章や短い文章をいくつも送ると「暇なのかな?」と思われてしまったり、「仕事せずにスマホばかり見てるのでは?」と思わせてしまいがちです。

筆者自身が気をつけていることは、相手のLINEに既読をつけてあえて返さなかったり、既読をつけなかったりして、仕事をしてるフリをすること。

厳密に言えば仕事はしてるんですが、あまりにも即レスって男性もドン引きしちゃうみたいです。

また「うん」などで返事が済んでしまいそうなものは返さない。基本は敬語だけれど、時々タメ語などワンパターン化しないようなメリハリも大事ですよね。

基本的に自分から連絡はしないけれど、相手が興味のあることはそれなりに把握しておいて、それに関することはたまに連絡をしたりすると、向こうからもたまに連絡が来たりします。

あまりガツガツせずに、相手から仕掛けてこようと持っていくのって意外と大事ですよ。

恋愛って、最初の印象が大切なので、うまく恋愛に発展させたいですよね。

 

◆やはりLINEでの既読スルーでの駆け引きは大事?

LINEで既読スルーをわざとしたり、未読スルーで焦らすのって意外と大事。男性って意外と”待っている”ものの、男性側も駆け引きしていることがあるので”軽く見られたくない”というプライドがあるみたいです。

でもあえてこちら側も”安い女”になるのはNG。

また、男性側も「女性からの大量のLINEメッセージ」って疲れやすいんです。

「即レスは男性にとって負担」といった意見もあるように、即レスしたくても“しないほうがいい”と思う女性も多いのでは?

でも、実は男性も“好きな女性”だと、「即レスLINE」は嬉しいもの。

ただし、それが「長時間」続くと、男性側も疲れてしまいがちなんです。なので、即レスできるときは即レスして、「男性側が疲れてきたな」と思ったタイミングで、あえて既読スルーするのも一つのテクニック。

出典:LINEで男性に「好き」と思われる送り方や内容とは

 

うまく距離感をつかんで、お互いが心地の良いLINEのやりとりをしたいですね。

 

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です