アンチエイジングとランニングでの健康・美容

男女の健康意識として20代や30代は若いという思考ですごすので、40代とか50代のスキンケアとか身体のことは考えにくいものですね。

ただ、中高年世代で一年をすごしてみると、30代とか40代の忙しい時間の内でも、肌手入れを入念にすればベストなんです。

アンチエイジングとランニングの習慣が「美容・健康」の鍵ですよ。

◆20代からアンチエイジングを意識する

昔は、身だしなみ程度のケアでよいというのが一般的なスタイルだったんだそう。

でも、年齢的な身体のメカニズムが変化するのは40代から50代が節目。それまでに「基礎的な美」を身に着けておくことが大事ですよね。

すでにアラフォーならば、サプリを飲んだり、運動したり健康と美肌づくりをするといいはず。

お肌にハリがある内に肌のベースケア、よい食事やサプリを日ごろからチョイスして十分な習慣を意識して、ぷるんとした肌を維持することが大切なんです。

食事は油分や酒類、甘い間食を控えめにするのが肌と健康づくりにベスト。この食ジャンルと日々のスキンケア、運動などで中高年世代も健やかにすごせるはずなんです。

 

◆美人も多い!ランニングの習慣で外も内もケア

ランニングは美人になれるもと! なんでかと言うと、インナーケアをしっかりしてくれるからなんです。

血中の毒素が汗と一緒に流れやすいので、内側からサラサラになれますよ。

その後、しっかりと入浴をするともっと効果的。インナーケアはしっかりしておくべきです。

ランニングはなかなか続かないといいますが、はじめから頑張りすぎるのがNG。

  • マイペースで歩くぐらいのスピードで走る
  • できれば継続するために、毎日少しずつ
  • 慣れてきたら走る時間を増やしてみる

ランニング美人と言われるようになるには、毎日の習慣が大事ですよね。

また、うつ病にも効果的なんだとか。

今や、“ストレス社会”ともいわれますね。

なので、ついつい心を病んでしまう人も多いんです。いわゆる、「うつ病」を代表に、精神疾患を患う人も多いですよね。

知っている方も多いかもしれませんが、ランニングは「セロトニン」という幸せホルモンを分泌しやすいので、走った後は心が晴れやかになります。

出典:うつ病にも痩身にも!? ランニングで心身ともに美人になる

 

可能であれば、日の出とともに“ゆっくり走る”というのは、うつ病の予防や改善の他、ダイエット効果も期待できるのが良い点。

朝走ると、一日中、“体内が活性化している”という状態になるので、脂肪燃焼効果もいいといわれ、しかも朝走れば一日清々しい気分にも!

まさに一石二鳥どころか、一石三鳥の効果もあるのが「朝ラン」による健康効果なんです。

出典:うつ病にも効果的!ランニングが病気にいい理由

 

日ごろのアンチエイジングと、ランニングを継続することで、しっかり美容と健康を意識してくださいね。

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

White Cake編集部

芸能、美容、恋愛、健康の情報をお届けするWhite Cake編集部です。 旬なトレンドから、美容・健康情報まで盛りだくさん✨