コンビニ弁当はダイエットにおいては大敵である

ダイエットのために食事を減らしても、なかなか痩せないと嘆いたり落ち込んだりするパターンはよくありがちです。

食べていない割に痩せない理由のひとつは、コンビニ弁当をよく食べる習慣がある人です。カロリーがさほど高くない弁当でも「食品添加物」の量が多いという落とし穴があるんです。

食品添加物は肝臓に大きなダメージを与えて毒素の分解がうまくいかなくなり、血液の状態が悪化して胃腸の働きも不活発になることで、便秘をひきおこしやすくなります。

このように肝臓がダメージを受けることによって、代謝がダウンして便秘に悩むことになるので必然的にダイエット効果は薄れます。

また、コンビニ弁当はビタミン、ミネラルが多く含まれている野菜が不足しがちになり、栄養バランスが崩れがちになります。ダイエット効果を出すには、栄養バランスも大切です。

コンビニ弁当は、肝臓の働きを悪化させる食品添加物が多く、野菜不足になって栄養が偏りがちになることから、ダイエットを目指す人にとってはできるだけ避けたいものです。

 

◆コンビニ弁当+野菜もダイエット効果は薄い?

コンビニでサラダを買う人もいますよね。

でも、コンビニ弁当+サラダと野菜を食べているつもりでも、そのサラダ自体が添加物がたくさん入っているんです。

防腐剤も含まれているので、生野菜よりは体にいいとは言えません。

できれば、自宅でしっかりと自炊の癖はつけたいですよね。

 

◆どうしてもコンビニで何か食べたくなったら軽めに

どうしてもコンビニで何かを食べたくなった場合は、おにぎりなど軽めのカロリーかつ、あまりお腹がいっぱいにならないものを選びましょう。

確かにコンビニはお手軽なところもあるので、全てを否定すると「何も食べることができない」という状態になってしまいますよね。

おにぎり一つ、あるいはカロリーメイトやSOYJOYなんかおすすめ。

できるだけ「添加物」「防腐剤」は避けるようにしたいですね。日頃、何を食べるかもダイエットで意識しましょう。

 

<参考&画像>

小腹対策!ダイエット中にコンビニで買えるオススメ商品

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

White Cake編集部

芸能、美容、恋愛、健康の情報をお届けするWhite Cake編集部です。 旬なトレンドから、美容・健康情報まで盛りだくさん✨