夏の冷え性も!身体が冷え切ってしまう対策

健康と感じることは大切です。
私等も、健康が生きているのには一番大事と感じています。元気であれば生活するにもパワーがでるものです。

健康であることは、心の中も元気でないといけないと思います。

人により体質の違いがあるものですが、うまくご自分の体質と付き合う事は大事だと感じるのです。
真冬でも特別な厚着をしなくてもよい女性もいますし、また冷え性だとカイロを貼り毎日を暮らす人までいます。

元気な人は、寒さにも暑さにも耐えやすい身体と感じます。

暑がりの方でも、身体に冷えがくる場合もあります。
真夏に暑いと感じても、実は冷えた身体となっている場合もあります。

冷えは万病の元といいますが身体が冷える事で、自分の身体の弱い部分に悪い影響を及ぼすこともあります。

特に気をつけたいのは「冬」だと思われがちですが、実は「夏」にも冷え性は気をつけなければいけません。

 

◆夏の冷え性対策はどうすればいい?

夏の冷え性は決して珍しくありません。

たとえば、エアコン冷えで悩んでいる女性というのは多いもの。男性は暑がりな人が多く、すぐに設定温度を下げてしまいがちですが、女性からすれば「夏でもひざ掛けがいる」なんて人は多いですよね。

冷え自体、なぜ起こるかは「新陳代謝の低下」が大きな原因です。

男性は女性よりも「筋肉量」が多く、代謝もいい人が多いです。でも、女性の場合は男性よりも筋肉量が少なくて、体のポカポカをキープすることが難しいという人もいますよね。

それを解消するために、実は「下半身を鍛える」ということがおすすめなんです。

たとえばLomeroでも紹介している「相撲スクワット」

相撲スクワットは、普通のスクワットよりも足幅を広げてガニ股気味に行うスクワット。これに“30日間スクワット”を加えると、最強のヒップアップ効果があるんです。

“30日間スクワット”とは、1日目を50回から始めて、30日後に250回のスクワットを1日でするというもの。

合わせて「30日間スクワット」を行えば、お尻の筋肉がついて、あのゆんころさんのような美尻を身につけることまでできちゃいます。

しっかりと代謝を上げるには、下半身の筋肉をつけることが大事。

少しずつでも、スクワットを初めてみませんか?

 

<画像・参考>

夏こそ冷え性に注意!冷え性を改善するには

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

White Cake編集部

芸能、美容、恋愛、健康の情報をお届けするWhite Cake編集部です。 旬なトレンドから、美容・健康情報まで盛りだくさん✨