ドーリーメイクで冒険?色合いの口紅でのお出掛けを

メイクすることで、人からの印象度が違うものです。

お出掛けするにも、時間が十分にない経験をしたことはないでしょうか。今の時期には欠かしたくないものとして、紫外線対策へのスキンケアです。

そして、ご自分への眉の形づくりにも、最低限度欠かしたくもないものです。眉頭をアイブローによりつくる事で、美しさを増したメイクとなります。

アイブローの色にもこだわると思いますが、茶色よりもグレーの方が抵抗がなく出来る場合等あります。

眉山となる外側の部分の位置としては、目のたまの外側の位置と同じにする事は大事です。
つまり縦に線を描いた位置で揃わないと、メイクは不自然さとなるのです。

口紅の色なども、お洋服と同じようにご自分にあった色合いがあります。
大きく分けて、ピンク系とオレンジ系にも分けた場合にも、お顔に生える色でのメイクが素敵だなあと感じています。

そんな筆者が思い切って最近参考にしているのが、ドーリーメイクです。

 

◆益若つばさメイクは参考になる?

ドーリーメイクでおなじみの益若つばささん。男性からの支持もあるフェイスですよね。

年齢を重ねると「きつい」と思われがちですが、いつまでも若々しくありたいと思いませんか?

ドーリーメイクで大事なのはアイメイクに間違いないものの、リップメイクも大事。

口紅は濃いめのピンクで一塗りして、薄いナチュラルなピンクのグロスを重ねてぷるぷるに。

Ref:ドーリーフェイスが可愛い♡益若つばさになるメイク法

アイメイクやチークにポイントをおきがちですが、異性が意外に見ているのがリップ。

「キスしてぇ」と思われるリップメイクも大事ですよね。

もちろん、ドーリーメイクで大事なのはアイメイクとチーク。

特に、チークはピンクすぎず、でも薄すぎずがポイントなんです。頬の高いところに“ほんのりピンク”を意識してくださいね。

 

益若つばささんも、いつまでたっても若いのは「ドーリーメイク」のおかげ。

アラサーになっても、あえてドーリーメイクを試してみてはいかがでしょうか。

<画像・参考>

ドーリーフェイスが可愛い♡益若つばさになるメイク法

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です