より若い見た目をキープするための努力

アラフォーになると、見た目がおばさん化してきています。やはり女性なので、なるべく若い見た目をキープしたいと思いますよね。

その為におすすめなのが、ストレッチで体を柔らかく保つことと、とにかく体を温めて、冷えないようにすることです。

具体的には、ほぼ毎日、自己流のストレッチを行い、体はかなり柔らかくなります。

また、体を冷やさないように、夏でもほぼ毎日お風呂(浴槽につかります)に入ります。温度は40度ほど(夏場は38度ほど)で、なるべくゆっくり入ります。

特にストレッチの方は、かなり効果があるはず。

忙しくて、ストレッチをさぼってしまうと、すぐ肌に出ます。カサカサになり、とにかくハリがなくなってきます。またストレッチを欠かさないようにすると、お肌の潤いもハリも戻ってきます。

 

◆入浴での健康効果は?おすすめ入浴方法

では、健康に良い入浴方法はどうすればいいのかというと、とにかくじっくりとお湯に浸かりながらストレッチをすることです。温度設定にもコツが必要です。

一般的に、ぬるま湯で15分から20分の入浴が「快眠効果」が出やすいとも言われます。

暑すぎると、5分以内に湯船から出てしまうこともありますが、これは快眠にはつながりにくいんです。

理想としては、ぬるま湯でしっかりと凝り固まった部分をほぐしてあげることが大事。

肩甲骨はもちろん、首筋のリンパを指でほぐしてあげたり、腰のツボを入浴中に押してあげることも効果大。

出典:不眠症や健康効果も!入浴の方法で快眠に

大事なのは、のぼせないように水分補給も同時にしっかりとすること。

また、ストレッチはやはり大事ですね。

特に、こりかたまった筋肉のストレッチは、血行がよくなって老廃物が汗といっしょに流れやすくなるので、体に毒素がたまりにくくなります。

コツは、まるでサウナに入っているような気分になることです。ただし、無理をすると貧血などがあるので注意が必要ですね。

入浴美容方法で、アラフォーとは思えないお肌づくりもしちゃいましょう!

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です