喜多嶋舞の不倫は現実にも…実子が違う父親だったら?

かねてから話題になっていたのが、喜多嶋舞さんと元「光GENJI」で俳優の大沢樹生さんとの間にいるお子さまが“実子ではない”という「疑惑」。

とうとうこの「疑惑」が裁判により「実子ではない」という判決が下りましたが、実子の父親が実は“夫ではない”ということは、それほどめずらしくありません。

ただ、実子ではなくても“見て見ぬふり”をしている父親も多いのが事実なのは、心当たりのある女性は多いのでは?

◆大沢樹生の状況になったとき「夫」はどうするか

「遺伝」というのは不思議なもので、父親もそれ相応の「直感」を持っているものです。

なので、「あら~!パパにそっくりね!」なんて言いつつ、心の中では「(うげ! 不倫してたときのあいつの鼻の形にそっくり……)」と嫌な汗をかいている女性って、現実にもけっこういるものなんです。

大沢樹生さんの立場になった時、もっともツライのは二人の間の戸籍上の「子ども」でしょうが、もちろん、大沢樹生さんと同じ立場に立てば、底知れぬショックを受けるもの。

ただ、経済的にも心理的にも余裕がない場合は、喜多嶋舞さんと元「光GENJI」で俳優の大沢樹生さんのような「裁判」にまでもつれ込むことはほとんでありません。

 

◆不倫相手として絶対に選んではいけない相手とは

大沢樹生さんもお子さまも、もはや「呆然」とした姿なのは想像できますよね。

ただ、女性はしたたかなもの。表では「良妻賢母」でも、昼間は愛人や不倫相手と一緒に“違う顔”を見せているなんてことは、けっこうあるようなんです。

しかも女性の本能なのか、不倫相手には「夫に似た人」を選ぶ傾向も。

あまり「俺の子どもが実子ではないな」と気づきにくいのは、女性のしたたかな本能が見え隠れしているなんてことも。

ただ、女性たりとも、「失敗」してしまうことはあります。

たとえば、不倫相手の体に、生まれつきの「アザ」があったり、独特の体臭があったりすると、「俺と君の子なのに、なんでこんな体のアザや体臭があるの?」となってしまいがちに。

不倫相手を選ぶことも大事ですが、もちろん、不倫をしないで済むような幸せな家庭であることは大事ですよね。

 

◆残された子どもを傷つけないために

どんな「遺伝子」でも、子どもは“自分たちの子ども”という意識を持たないと、最も傷つくのは「子ども」ですよね。

最悪、トラウマで一生病んでしまうなんてことにもなりえます。

もし既婚女性の立場で「妊娠」してしまった場合は、勇気を持つという選択肢も大事。

自分の幸せも大事ですが、母親であれば、やはり自分の子どもの人生は見送ってあげたいですよね。

 

まとめ

喜多嶋舞さんが「不倫をしていた」という事実になりかねませんが、今回の騒ぎで旨が「ザワザワ」している女性もいるのでは?

男性は鈍感なので、それ相応のことがなければ“妻への信用”はそうなくさないもの。

ただ、「不倫」が発覚したときの代償がないように、自分にとって何が大事かは考えたいですよね。

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

White Cake編集部

芸能、美容、恋愛、健康の情報をお届けするWhite Cake編集部です。 旬なトレンドから、美容・健康情報まで盛りだくさん✨