炎上継続!ベッキーと川谷絵音はなぜネット炎上したのか

「ゲスの極み乙女」の川谷絵音さんの離婚発表と、ベッキーさんの『金スマ』での復帰ですっかり炎上ムードのネット上。

ベッキーさんの謝罪会見から、すっかり“炎上仕掛人”となってしまった二人ですが、今でも炎上し続けるベッキーさんと川谷絵音さんにはいくつかの理由があるんです。

こんな時代に“炎上しないようにするには”と考えるのは、芸能人のみならず、一般人の我々も考えたいところ。

SNSで誰でも情報発信できる時代だからこそ、「炎上しないようにするには何に気をつけるべきか」をしっかり知っておきたいですよね。

◆ベッキーが炎上し続ける理由は「一方通行の主張」にあった!?


By:http://matomame.jp

今年の1月のベッキーさんの謝罪会見は記憶に新しいところ。

「誤解を招いたことを深く反省しております」や、「友人関係であることに間違いはありません」、あるいは「お付き合いということはしておりません」と一方的に主張し、早々に去っていったベッキーさん。

よほど憔悴していたのか、報道陣への質疑応答はなかったですよね。

“ネット炎上”してしまう理由の一つに、「一方的な主張」があるんです。というのは、納得がいかないと、白黒はっきりするまで“揚げ足取り”に徹するのが、今のネット社会。

ベッキーさんの場合はその後、「センテンススプリング発言」ですっかりとイメージが地に落ちてしまい、火に油を注ぐ展開にもなってしまいましたよね。

もし、謝罪会見で全てを明らかにしていれば、その後の炎上の仕方も多少は違っていた可能性もあるかもしれませんね。

 

◆ゲスの極み乙女の川谷絵音が炎上し続ける理由は「開き直り」?


By:https://geinou-news.jp

今回のベッキーさんとの不倫騒動で、“本妻”との離婚となってしまったゲスの極み乙女の川谷絵音さん。

ベッキーさんが願っていた「卒論提出」という事態になってしまったわけですが、今回の離婚騒動後にも炎上は止まりませんよね。

川谷絵音さんの場合、TVでは申し訳なさそうな姿は見せるものの、「自分はアーティストなので」だとか、「なんでこんなに叩かれなきゃいけないの?」と、世間を挑発するような発言の連続。

「自分の音楽についてきてくれるファンがいればいい」

そんな川谷絵音さんですが、「ゲスの極み乙女」のコンサートチケットには“売れ残り”まで続出する状況。

すっかりと今回の騒動で、グループ自体のイメージまで変えてしまいましたね。

日本のネット社会で炎上する理由の一つに、「開き直り」がありますよ。

「自分は悪くない」という姿勢をつらぬくのと同時に、さらに“火に油を注ぐ発言”がより炎上したきっかけに。

「ロックバンド」としての意地なのかもしれませんが、謹慎したベッキーさんとは対照的に、特別なことは何もしなかった川谷絵音さん。

今回の「離婚」で、ネット上では「“本妻”への同情」などを含めた炎上が発生しているようです。

 

◆一般人も?日本のネット社会で炎上しないようにするには


By: Leren Lu / Getty Images

そんなベッキーさんや川谷絵音さんの対応は、「反面教師」にすらなってしまいましたね。

日本のネット社会で炎上しないようにするには、いくつかコツがあるんです。

 

自分の非をすぐに認めて謝罪する

事実を話す

とにかく謝罪して、後は放置

火に油を注ぐような余計な発言はしない

 

一度“炎上”してしまうのは仕方のないことですが、その後、さらに炎上し続けないためには、不本意でも“謝罪してあとはダンマリ”というのが効果的。

SNSや2ちゃんねるを中心に炎上し続ける芸能人は、そのままのイメージが残りやすいもの。

一般人の方でも、2ちゃんねる上では炎上し続ける男性がいたりと、こんなネット社会なので、ベッキーさんや川谷絵音さんの炎上は“他人事”ではありませんよね。

 

まとめ

「監視社会」といってもいいほどのネット時代ですが、炎上しないように気をつけなければいけない芸能人はTwitterなどでも発言に苦労しているようです。

一時期、「バカッター」と揶揄された、“一般人の悪ふざけ”も企業は対策に乗り出す始末。

こんなネット社会ですから、炎上しないように生き続ける人が増えてきたのも仕方ないですよね。

今回のベッキーさんと川谷絵音さんの「不倫騒動」の炎上を、しっかりと反面教師にしてみては? 「友達で押し通す予定」は通用しませんよ。

 

 

Eye-catching image by

https://geinou-news.jp

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です