本当の貧困JKの正体とは

「パソコンが買えないので、1000円のキーボードだけ買ってもらってます」という“貧困JK”の私生活がTVで放送されましたが、実は贅沢三昧だったことで炎上中ですよね。

1回の食事に1000円以上かかっているだとか、7800円の舞台鑑賞をしているのに“貧困JK”と特集したのが不自然すぎると話題なんです。

でも、本当の“貧困JK”の実態はもっと違うものですよね。

◆貧困JKはアルバイトがデフォルト


By:https://upin.cdn-dena.com

親にもお小遣いがもらえない貧困JKは、学校が終わったらアルバイトというのがデフォルト。

ただ、高校生ということでなかなか採用されるアルバイト先がなく、コンビニやマクドナルドで毎日働くという貧困JKも多いですよね。

決して、「JKお散歩」のようなアルバイトはしないように注意ですよ。

 

◆貧困JKはランチに1000円も使わない

本当の貧困JKは、ランチはおにぎり1個だとか、菓子パン一つである悲しい事実がありますよね。

「ダイエットしてるから!」と強がりつつ、豪華なランチを食べたくて心で泣くのが真の貧困JKなんです。

 

◆貧困JKは自転車通学


By:http://livedoor.blogimg.jp

寒い冬であろうが、暑い夏であろうが、貧困JKにとっては自転車通学はあたりまえ。

「電車苦手なんだよねー」といいつつ、片道10kmを自転車通学することもめずらしくないですよね。

アルバイト先にも自転車ですぐにいけるので、まさに一石二鳥ですよ。

 

◆貧困JKはNHKの取材を受けることはない


By:https://pbs.twimg.com/media/CqMnXvWVUAAZ6cv.jpg

すっかり炎上中の貧困JK・うららさんですが、本当に貧困JKの場合は表に出て「貧困JK」と名乗ることはありえませんよね。

貧困JKにもプライドはあるもの。

むしろ見栄をはりたいのが、本当の貧困JKの姿なんです。

 

◆広がる貧困JKビジネスの魔の手


By:https://contents.gunosy.com

お金がほしいJKの中には、黒に近いグレーゾーンのアルバイト先で働くことが多いようです。

たとえば、一時期問題になった「JKリフレ」や「JK添い寝」は、違法性が高くて摘発されましたよね。

他にも、「JKお散歩」などの経営者が摘発されるということもありましたよ。

大人の男性というのは、若い女性に魅力を持つことが多いようです。

“お金のため”と我慢しながら「貧困JKビジネス」に手を出してしまえば、毎晩、未成年ながらホスト通いになってしまうということも。

貧困JKなりのプライドを持ちたいですよね。

 

まとめ

すっかりと特定炎上が続く、NHKで放送されたうららさん。

貧困JKとは名ばかりだったんでしょうか?

貧困JKならではの現実は、もっと厳しいものなはずですよね。

 

Eye-catching image by

http://weheartit.com

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です