月9「ラヴソング」は福山雅治と藤原さくらの年齢差が問題か

『月曜から夜ふかし』の桐谷さん特集の裏で、鳴り物入りで放送開始した月9ドラマ『ラヴソング』。

前評判では、「福山雅治と藤原さくらの27歳差で“ラブドラマ”が展開されるのが予想できない。ちょっと気持ち悪い」などの声も多く、フジテレビも第一話の視聴率に戦々恐々としていたよう。

そんな前評判や、ドラマのストーリーに「ある意味、裏切られた」と絶賛される声もあるのは、ヒロイン役の藤原さくらさんが「吃音症」に悩んでいるというテーマを盛り込んだからでしょうか。

「思ったより面白かった! 吃音症のことをもっと知ってほしい」という声もある中、まだまだ半信半疑の視聴者も多い同ドラマ。

今後の展開次第ですが、今回の「月9」は“当たり”だと言えるんでしょうか?

◆ヒロイン役の藤原さくらが吃音症という社会的テーマに賞賛の声も


By:https://pbs.twimg.com

「吃音症」は、世間ではあまり知られていない病気なので、今回の月9『ラブソング』で、吃音症を初めて知ったという方もいるかもしれません。

吃音症(きつおんしょう、英: Stammering symptom)とは、言葉が円滑に話せない疾病、または障害である。「発語時に言葉が連続して発せられる」、「瞬間あるいは一時的に無音状態が続く」などの症状を示す。

By:https://ja.wikipedia.org

ヒロイン役の藤原さくらさんが「吃音症」でありながら、音楽を通して成長していくというヒューマンドラマのようにもみれますよね。

ただ、「月9」といえば“恋愛”がつきもの。

今後、福山雅治さんと藤原さくらさんが恋に落ちるという前提では、まだまだその年齢差に違和感があるという方も多いのかもしれません。

 

◆福山雅治と藤原さくらの「親子ほどの年の差」に戸惑いも?


By:https://pbs.twimg.com

福山雅治さんは、『ガリレオ』以来、3年ぶりの連続ドラマ主演。

すっかりと『ガリレオ』のイメージがついた福山雅治さんも、2015年には吹石一恵さんと結婚。年齢は47歳と、“ダンディズムな男性”に磨きがかかってきましたよね。

そんな福山雅治さんが今後、藤原さくらさんと“恋に落ちる”という展開になるのであれば、その年の差に戸惑う視聴者も増えるかもしれません。


ドラマの内容に賞賛は多いようですが、その“年齢差”に戸惑いがまだぬぐえない視聴者も多いのでは?

ただ、福山雅治さん側の意向として“恋愛色を薄めたい”ということであれば、どちらかといえば“ラブドラマ”というよりも、“ヒューマンドラマ”という色が強く出るのかもしれません。

 

まとめ

いかがでしょうか。

『月曜から夜ふかしSP』の桐谷さんに夢中で、月9ドラマ『ラヴソング』を見逃したという方も多いかもしれません。

内容は“悪くない”という声も多く、第一話から涙を流したという方も多いのでは?

今後の展開次第で、“大成功”にも“大コケ”にもなりそうな今回の月9。ストーリーに注目したいですね。

 

※TOPキャプチャは『ラヴソング』放送から

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

White Cake編集部

芸能、美容、恋愛、健康の情報をお届けするWhite Cake編集部です。 旬なトレンドから、美容・健康情報まで盛りだくさん✨