打算より真心!セカムズのドキドキはいよいよ最終回へ

“セカムズ”こと『世界一難しい恋』はいよいよ最終回へ。

クライマックスにさしかかり、大野智さん演じる鮫島社長と波瑠さん演じる柴山美咲の“壁”がなくなった9話は、ドキドキの展開でしたよね。

そんな鮫島零士の良さはやはり「真心」。

「打算」では崩せない、柴山美咲の心をいよいよつかめそうですよね。

◆打算は苦手!波瑠演じる柴山美咲の心理は?


By:『世界一難しい恋』キャプチャ

“自分に厳しく”というタイプの、波瑠さんが演じる柴山美咲。

「打算」や「計算」で自分自身を“利用した”と思っていた柴山美咲ですが、第9話では、鮫島零士の“本当の心”を理解し始めましたよね。

ストイックな性格ならではですが、「真摯な姿」というのは、真面目な女性の心には“刺さりやすい”といえますよね。

 

◆とうとう真のハグ!鮫島零士と柴山美咲のハグシーンが話題に

 

 

上島竜兵さん演じる“着ぐるみ”に弟子入りした鮫島社長の姿は爆笑ものでしたよね。

そんな鮫島社長は、“偶然を装う作戦”の途中で、柴山美咲と“着ぐるみごし”にとうとうハグ。

ただ、9話のクライマックスでは、鮫島零士の“本当の想い”が柴山美咲に伝わり、とうとう“真のハグシーン”が叶いましたよね。

 

 

大野くん推しには複雑な展開だったでしょうか?

 

まとめ

いかがでしょうか。

いよいよ最終回を迎える“セカムズ”こと『世界一難しい恋』。

打算的な男性よりも、真心のある男性である鮫島社長のような男性と出会ってみたいですよね。

最終回では、二人らしい“最高のゴール”を飾ってくれるでしょうか!?

 

Eye-catching image by

https://pbs.twimg.com/media/Ckb1vxeUYAAguCd.jpg

 

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です