まるでゴーン・ガール!? 不倫する「ヤバ妻」の恐怖

“ヤバ妻”こと『僕のヤバイ妻』は、伊藤英明さんと木村佳乃さんが夫婦役で出演するドラマ。

伊藤英明さん演じる幸平は、木村佳乃さん演じる真理亜への愛が冷めきっていて、相武紗季さん演じる杏南と不倫をしているという内容でスタートするようです。

「愛は冷め切っていても、財産目的で離婚できない」

そんな幸平は真理亜の殺害を計画しますが、「妻は死んだ」とされる手紙をみつけ、自分の手を汚さずにほくそ笑むところからが悲劇の始まり。

「実は全て、真理亜による“罠”だったことが分かり……」という話のようですが、これが映画『ゴーン・ガール』と酷似していると話題ですよね。

現代でも増える不倫に溺れる「ヤバ妻」も描かれるんでしょうか?

◆ゴーン・ガールと酷似しすぎ!? 「リメイク版か何か?」の声も


今年の1月には、ベッキーさんの謝罪会見での服装が『ゴーン・ガール』での妻にソックリだと話題になりました。ベッキーさんの狂気ささえ噂されたという『ゴーン・ガール』での設定に、芸能関係者の多くが「ベッキーは意味深な衣装だった」と噂されましたよね。

そんな『ゴーン・ガール』は、男性目線・女性目線で感想が分かれる映画です。

幸福だと思われていた、とある夫婦。しかし、妻が突然失踪する。警察と過激化する報道からの圧力によって、夫の温厚な人柄のイメージが崩れ始める。夫の浮気と不確かな行動に世間はある共通の疑問を抱き始める。「夫が妻を殺したのではないのか?」

By:https://ja.wikipedia.org

結局、同映画では男性目線では「妻はおそろしい」という見方が多いよう。

女性側からは、「女性の素顔って怖いでしょ?」といったところだったんでしょうが、設定がまるで『ゴーン・ガール』な火曜ドラマのヤバ妻こと『僕のヤバイ妻』。


By:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

木村佳乃さん演じる真理亜は失踪しますが、『ゴーン・ガール』のように、失踪には妻側の多くのトリックが隠されていそうです。

 

◆現代でも「ヤバ妻」増加中!? 夫に内緒で不倫をしている奥様たち


By:Mimi Haddon / Getty Images

『ナオミとカナコは主婦の心の鏡?DVを受ける女性の本音と対処法とは』でも紹介したよう、「実は旦那に内緒で不倫しています」という“ヤバ妻”が溢れる現代。

「旦那への仕打ちは怖いから、年下の彼氏と不倫しています」なんて“ヤバ妻”も多いようですが、ドラマ『僕のヤバイ妻』でも、木村佳乃さんが“実は不倫している”という内容が含まれていそうです。

「俺、隠れて不倫してるんだ」なんて夫の妻が、「実は私も不倫しています♡」なんてことも珍しくないようですよ。

 

まとめ

いかがでしょう。

伊藤英明演じる幸平も相武紗季演じる杏南と不倫しているようですが、実は木村佳乃演じる真理亜の不倫が“ヤバそう”ですよね。

『僕のヤバイ妻』のような、不倫をテーマにしたサスペンスは“ハラハラ・ドキドキ感”も楽しめるはず。

ただ、現実の“ヤバ妻”な奥様方は、自分の“ヤバ妻ぶり”と比較して、冷や汗を流すことになるかも!?

 

Eye-catching image by

(C) Frederic Cirou / Getty Images

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です