「ゆとりですがなにか」はなぜおっぱいを連呼するのか

日曜ドラマとして、個性的な展開で視聴者を楽しませてくれる『ゆとりですがなにか』。

同ドラマでは、柳楽優弥さん演じる道上まりぶが、初回から「おっぱい」を連呼していましたよね。

どうしても“おっぱい”のイメージがついてまとう『ゆとりですがなにか』。なぜ、これほどまでに“おっぱい”は人を魅了してしまうのでしょうか?

 

◆おっぱいには「男のロマン」がつまっている

思春期の男子が、物心つきはじめたら頃から気になる“おっぱい”。

胸の膨らみを見て、男子自身のアレも膨らんじゃうなんてよくあることのようです。

「男子」が「男性」になっても、決してその魅力から逃げられない“おっぱい”。まさにおっぱいには、「男のロマン」がつまっているんです。

 

◆おっぱいの膨らみに安心感を抱くから

たとえ“ちっぱい”でも、「ちっぱいフェチ」がいるように、おっぱいは大きくても小さくても、男性はおっぱいに安心感を抱くようです。

「あーおまえのおっぱい見てたら安心するわ~」

ベッドでそんなことを言われた女性もいるのでは?

男性は、おっぱいに安心感を抱く傾向があるようなんです。おっぱいを吸ってきたころからの本能なんでしょうか。

 

◆おっぱいには刺激性が溢れているから

おっぱいを前にした男性は、もう冷静ではいられないですよね。

政治家であっても、IT企業の社長であっても、おっぱいを見て冷静でいる人なんて、ごく少数なはず。

おっぱいには、どんな地位や名誉のある男性をも“刺激”してしまうほどの威力があるんです。

男性は、おっぱいの刺激性の前では常に無力なのでは?

 

◆女性はもっと「おっぱい」を武器にしてもいい

小さくても大きくても、バストトップが黒ずんでいてもピンクでも、女性はもっと自分自身のおっぱいに誇りを持ってみてはいかがでしょう?

男性は常に、女性のおっぱいを見ているといっても過言ではありませんよ。

『ゆとりですがなにか』の視聴者の多くも、常に“おっぱい”が頭につきまとっているはず。

おっぱいにはそれだけの威力があるんです! もっと“おっぱい”を武器にしていきたいですよね。

 

まとめ

いかがでしょう。

なぜ、『ゆとりですがなにか』で“おっぱい”のイメージがつきまとうかお分かりになられたでしょうか。

おっぱいは男性のロマンであり、安心感の源であり、時には刺激性抜群の存在。

おっぱいは常に人を魅了する存在なのかもしれませんね。

 

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です