バスタイムの活用方法

忙しく動いた日はさっとシャワーを浴びてベッドにダイブしたくなりますが、疲れている日こそ、夜はしっかり湯船につかって疲れをとりましょう。疲れは次の日に持ち越さず、その日のうちにしっかりと取り除きくことが重要です。疲れをとるにはバスタイムを活用することがとても重要です。

バスタイムは一日頑張った自分の身体へご褒美の時間でもあります。

ぼーっと湯船につかって身体を温めるだけでもリラックス効果がありますが、この時間にマッサージを行ったり、パックをしたり、少しプラスαなことをすると、とても贅沢な時間を過ごすことができます。

湯船に浸かって身体を温めている時にマッサージをすることで血行がさらによくなり、むくみを防止できます。足首からふくらはぎ、膝の裏までを拳で流していったり、足の指や足首を回すだけでも効果があります。

マッサージをする気力がないな、という時はパックをしましょう。疲れているときに手を抜いてしまうことで肌荒れにもつながってしまいます。

そんなときこそパックをしてスペシャルケアをします。湯船に浸かり汗をかいているときは毛穴が開いている状態ですので効果があります。パックがないときははち蜜を顔にぬってもよいでしょう。

疲れた自分の身体にいつもと少し違うバスタイムのご褒美をあげましょう。

入浴 美容は普段の美容にも大事。

うまくバスタイム 健康を意識することも大事ですよね。

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です