女性フェロモンを増やすこととダイエット

私が今まで一番成功したダイエットは、9ヶ月で13キロやせたときです。当時高校1年生でした。

私はもともとは標準体型で、お菓子が大好きでしょっちゅうお菓子を食べていたのですが、中学生になってからバスケットボール部に入り、毎日のように走っていたので太ることは無く標準体型を維持し続けていました。

しかし、3年生の夏に部活を引退した後も全く同じようにお菓子を食べ続けていたところ、ぶくぶくと太り、半年で7キロほど太ってしまいました。太ったのは多少気になってはいましたが、大好きなお菓子をやめるという発想はなかったため、変わらずお菓子を食べ続けていたところさらに太り続け、ついに64キロになってしまいました(身長は当時163センチ、太る前の体重は53キロです)。
また、ちょうどその頃に母親と小旅行に行ったので写真を撮ったのですが、仕上がった写真の自分の姿を改めて見てみると…非常に醜い!

もともと目は二重でパッチリしているのですが、顔に肉がついてまんまるになり、目が細くキツネのような目になっていたのです。また、太ってからもやせていたころのひざ上スカートをはき続けていたのですが、その足を人にさらすな!と言いたくなるほどの太さでした。さすがにこれはヤバイ!と思い、ダイエットを開始しました。
私の行ったダイエットは基本は徹底したカロリー計算による食事制限と軽い運動です。手始めに栄養成分表(ありとあらゆる食品のカロリーや栄養などが載っている本)を購入し、食べ物は極力自分で作る、もしくは母親の手伝いをしながら食材をその都度計測し(母親には嫌がられましたが)カロリー計算しました。

1日1200キロカロリーという目標を立て、それを超えないようにきちんとカロリー計算し、ダイエットノートに毎日食べたものを記載していきました。自分が毎食何キロカロリーを食べているのかきちんと把握するのはとても大事だし、ダイエットの基本だなとこのときから思うようになりました。
また、自炊した食事のカロリーだけでなく、外食も徹底してカロリー計算しました。本屋さんにマクドナルドやデニーズなどの主要な外食チェーンのメニューのカロリーが載っている本が売っていたのでそれを購入し、カロリーのわかるもの&カロリーが低いものを選んで食べるようにしていました。
運動は、当時高校生だったこともありジム等に通うことはできず、また近所を走る等も恥ずかしかった為、住んでいたマンションの階段昇降や自宅でのストレッチ程度の運動だけをしていました。あとは熱めのお風呂に入って(のぼせないように冷たい水を洗面器に入れて、顔は洗面器につけていました)汗をかき、代謝アップを目指しました。
こうした努力を地道に続けた結果、6月に64キロだった体重が3月には51キロまで減りました。13キロやせ、太る前よりやせることができたのです。この経験から、やはりダイエットには食事が第一だなと身をもって感じました。やせ方が分かっているので、高校生のころから25年近くたった今もあまり変わらない体重をキープできています。

また日頃から「女性フェロモン 増やす」ということを意識しながらダイエットをしていました。

女性フェロモンを増やすと、自然とダイエットにつながります。具体的には恋です。恋をすることで女性らしくなるので、エストロゲンの作用で痩せやすくなった気がします。

女性フェロモン 増やすというのは簡単なことではありませんが、ダイエットと合わせて行うと安定しました。

エストロゲンや女性フェロモンを増やすのはなかなか難しいことですが、生活習慣を整えたり、香水を使ったりすることで女性フェロモンを増やすことも可能なようです。

参考にしてみてください。

 

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です