健康的に食べながら痩せる

私は20代の女性です。美容体型とはいきませんが、他人から見たら普通体型をしているようです。
しかし私は日本人によく見られる洋ナシ体型で、上半身はそうでもないのに下半身にはセルライトとお肉がたっぷりで、すごく気にしていました。
顎周りや二の腕なんかは全く気になったことがないのに、下半身だけお腹はポッコリで脚パンパンと、トラブルだらけ。
便秘がちでむくみがちな、典型的な冷えの体質をしていました。

なので運動をしても食事制限をしても、便秘やむくみがひどくなるばかりでなかなかうまくいきませんでした。
便秘のために乳酸菌や食物繊維をとっても効果がゼロだったり、むくみのためにリンパマッサージをしようにも指が入らなかったり。
いろいろなダイエットを試しましたが、私のダイエットは失敗だらけでした。

では、そんな失敗続きの中で一体どうやってダイエット成功させたのか。私は冷えによる便秘やむくみが脂肪の原因になっていたので、同じような症状の人に特に見ていただきたいと思っています。
食事制限はある程度続けていたのですが、「もう食べないダイエットはダメだ」とあるとき思いました。
先述したように、体が冷えてしまって逆効果なんです。

そこで、食べながら痩せるダイエットをいろいろ調べた結果たどり着いたのが、「食事で代謝を上げるダイエット法」です。
まずこのダイエットには特にやってダメなことはないのですが、大事なのはバランスのよい食事をしっかりとり、栄養をちゃんと摂るということです。
あまりピンと来ないかもしれないので、ここでは簡単に朝昼晩、3回の食事のポイントをご紹介します。

①朝は排泄の時間。酵素と軽めの食事でデトックスへ。
②昼はしっかり栄養を摂る。バランスよく野菜とタンパク質を。
③脂質は少なめに。消化のいいものを食べる。

食べ物の中で、体を冷やすもの、脂っこいものは減らすようにしましょう。
旬のものを食べることや、小麦製品よりご飯、また砂糖を摂りすぎないことが体を冷やさないコツです。
もし脂っこいものを食べてしまっても、質のいい油(亜麻仁油、オリーブオイル)などでカバーしましょう。
いい油は、悪い油に取って代わってくれますので。

また、ダイエットにおいてデトックスすることは本当に大事です。
一日お通じがないだけでショートケーキ一個分のカロリーを吸収してしまうことはご存知でしょうか。非常に怖いですよね。

なので、体が排泄の動きをする朝には旬の果物を最初にとり、酵素を摂取しましょう。
足りなかったら軽く食事をとってOKですが、お腹いっぱいにして体を消化の方で忙しくしてしまわないように注意してください。

健康にも良いダイエット法なので、ぜひ試してみてくださいね。

<参考>

桐谷美玲が痩せすぎな件!そのシンプルなダイエット方法とは

シェアありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

White Cake編集部

芸能、美容、恋愛、健康の情報をお届けするWhite Cake編集部です。 旬なトレンドから、美容・健康情報まで盛りだくさん✨